フレッツのIPv4(PPPoE)は速度変動(低下)がしゃれにならないので、仕方なくIPoE(MAP-E)対応のこれを使い始めてから10日になろうとしているが、基本的に問題ない。不意の通信断のようなトラブルは起こっていない。通信速度は(光配線では不明だが、)VDSLでは充分だ(僕は主にPCからLAN経由で使っている)。それから、LANは1000base-TX対応だし、Wi-Fiの接続速度も300Mbpsまで行けるから、光接続になった場合でもそれなりに使えそうなので、将来性(使用継続可能性)も充分だ。値段も僕の想定(希望)どおりだったので、(今のところは)お勧めだ。

以下、ちょっと気になる・なった点を書く。

  • LAN側のネットマスクが24ビットに固定 (個人使用では何も問題ないが、こんなところを端折るのは、ちょっと常識を疑う)
  • たまにファイアウォールが瞬間的にoff/onする(ログに出ている)。意味不明。→ I/Oデータに問い合わせたが、3営業日経っても回答なし。
    • 1日1回前後起こるようだ。
    • それで通信が切れている様子はなさそう。
  • たまに、ブラウザの表示などが一瞬停まる気がするが、ルーターのせいかは不明。サーバや通信のせいでは?
  • [Web] 画面(ウインドウ)サイズが固定(1000x650画素くらい)。ブラウザのウインドウを大きくしても、スクロールしないと見えない部分がある(下図参照)。横はいいけど縦は悲しい・・・ (設計が初心者的なのか、バグなのか)
    • WN-SX300GRの管理webは画面(ウインドウ)サイズが固定・・・

  • [Web] Wi-Fiの設定画面で接続用パスワードが見える("●"などになっていない)のはどうかと思う。 (設計で配慮が微妙に足りない)
  • [Web] ステータスの時刻更新がJSでされている(= PCの時刻が出ている)ので無意味(時刻が更新されていても、ルーターが動いているとは限らない・・・)。 (設計が間抜け過ぎる)
  • 「NATアクセラレーター」はIPoEモードでは使えないようだ(設定できない)。
    • 設定しなくてもonになっているのか、対応していないのかは不明。買う前にオンラインマニュアルで見て少し期待していたが、なかったので ちょっと残念。ただ、通信速度は充分出ているので、問題はない。
    • 同様に、上位機種にあるIPoE高速化機能(「IPv6ブースト」)も対象外のようだ。でも、上と同様僕には問題ない。

一方、以前使っていたバッファローのルーターよりいい点もある。

  • WSR-300HPで生じていた、僕の機器(Linux PC, Androidスマフォ)との相性問題がない。
  • Wi-Fiの出力が細かく(10%から100%まで6段階)設定できる。 → 遠くまで飛んで無用な問題を起こさないように、最低にしている。
  • Wi-Fiマモル(Wi-Fi接続しようとする端末の接続可否を、最初の接続時に設定できる)はMAC制限より効きそう。 → でも、接続設定した後は同じことかも?
  • (無駄な)ランプがない(たしか1個しかない: そのランプの意味は調べてないw)。 (何個もあっても連続点灯しているだけでは意味ないし、普通は全然見ないので)
  • [Web] (一定時間経過後に)再認証しなくていい。バッファローのは毎回面倒。
  • [Web] 表示がシンプルで見やすい。
  • 3年保証 (ユーザー登録した場合)

そして、I/Oデータへの不満な点はある。

  • サポートの回答が遅い(上記のファイアウォールのoff/onの件)。OEM・ODM(想像)のせい? コロナの影響? (「日本設計」をうたうバッファローが速いかは不明)
    • (4/20 18:14 ) ようやく返信は来たが、向こうは何も分からないようで、逆にいろいろ質問されて、「駄目だこりゃ」パターンの臭いがした。一応付き合うが、全く面倒だ・・・
  • 購入前の問い合わせが電話だけというアナクロさ。。。 却ってコストが掛かると思うのだが。 (バッファローがどうかは不明)

まあ、全体としては値段相応で悪くないだろう。あくまでも今のところは。

 

(17:59, 19:33, 20:40 いい点に追加、若干加筆・修正)

  •   1
  •   0

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL