調べたら2016年の秋にLinuxに移行したようなので、もうすぐ4年経つようだ。もちろんいいことばかりでもないが、トータルでは随分いい。僕にとっては、空気のように当たり前、かつ、自由なシステムだ。(それは当然としてw、)

今日書きたいのは、ディスクが減らないってことだ。システムディスクには、その時手元にあった120GBのSSDを「とりあえず」(足らなくなったら、別のにしようと思って居た)使い、85GBくらいを割り当てている(残りはスワップ(Windowsの「仮想メモリ」)領域)のだが、いまだに25GBも使ってなく、70%以上も空いている。これ、壊れる前にフルになることがあるのだろうか?w

Filesystem 1G-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/sda1 84G 23G 57G 29% /

自分の大容量データ(写真、音楽ファイル、VirtualBoxの仮想ディスクなど)やシステムでも大きいもの(純正バックアップ(timeshift)のデータ)や書き換えの激しいもの(一時ファイル)は別のHDDに入れているけど、Windowsでは全く考えられないことだ。その頃は、自分では特に使っていないのに数年でシステムディスクがフルになって(Windowsの更新後のバックアップファイルが溜まるのだろう)、「クリーンアップ」なんてしても全然空かず、その周期でSSDを交換していた。とんでもないゴミだった。

今のPCのハードは2011年頃に組み立てたもの(本当に「Sandyおじさん」だw)だが、全然遅いと感じたことがない。Linuxもアプリも(僕の使い方も)軽いのだろう。

ただ、古いだけにいつも「そろそろ寿命か」と心配してはいるのだが、まだ兆候がない。ある日突然崩壊するのだろうか・・・ それに備えてスペアはあるが、そっちも古いので、いざという時に動かない可能性もあるw

ただ、メモリは食う。32GB入れているが、気づくと半分超えている。OS自体は全然消費しないが、ブラウザなどのアプリが肥大化している。それで、自作のメモリ使用量監視スクリプトで大食いアプリの使用量が大きくなったら通知を出し、手で再起動するようにしている。ローテクだけど、これが意外に役に立っている。以前はcgrulesengdとかいうプログラムで自動で使用量を制限していたが、今一つ効かないのと、効いてもアプリがうまく動かなくなって不便なので、自分が再起動できる時に手でした方がいいという結論になった。

なお、Spotifyは相変わらず肥大するのが急で、手で再起動するには頻繁で面倒なので、外部プログラム(自作のミニプレーヤー)でアイドル時に自動で再起動している。

 

PS. SSDの寿命が気になって調べてみたら、現在の残寿命("SSD Life Left")が98%で、累積通電時間は約1.8万時間(約2年)なので、トータルで100年くらい持つ計算だから、SSD内のフラッシュメモリについては心配なさそうだ。

なお、SSDの使用量の増加速度については、Linuxに移行した時はVirtualBoxの仮想ディスクを入れていたので直接の比較はできないが、当時の合計使用量が約58GBのようだったので、入れていた仮想ディスクのサイズを40GBとすると、仮想ディスク以外の使用量は約18GBとなり、今日までの増加分は5GBとなる。使用期間は約3.6年なので、増加速度は約1.4GB/年となる。このペースで単調に増えるとすれば、あと42年は持つ計算だが、果たして・・・

(5/18 6:44 少し加筆・修正)

  •   1
  •   0

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL