外の臭いがどういうふうに変化し、室内の状況(僕の症状)とどういう関係があるのかなどを知りたくなって、臭い測定セットベランダに設置して2日目の今日の夕方。なぜか、画像が転送されなくなった。少し前からそういうことがあったけど次の回に転送されていたので待ったが、一時間待っても転送されなかったので、きっと暑さでスマフォ(Nexus 4)が落ちたのだろうと思って見たら、なんと・・・

電池が膨らんで、背面がぱっかり開いてしまった

確かに、昨日は涼しかったが、今日は日中は30℃くらいになったので、無茶だった。一応、直射日光や雨が当たらないように押入れケースに入れていたのだが、年代物(約7年目)の電池にはキツかったようだ。

電池の中身が吹き出すとか発火とか爆発しなかったのは良かった。さすがGoogle監修? 単に運が良かっただけ? まだ怖いので、密閉袋(ジップロックの類似品)に入れた。

そういえば、近頃は頻繁に勝手に再起動していたのは、これの前兆だったのか・・・

それから、幸いなことに、買ったばかりのセンサは全く(と言っても、電池しか分からないがw)大丈夫だった。最近のC国はちゃんとしているものも多そうで、何よりだ。

だから、普通なら30℃くらいは全然問題なかったのだが、いかんせん電池が古かったということだろう。

まあ、壊れたものは仕方ない。

ちょっと中をみたところ、アンテナと思われる配線が背面に繋がっているため簡単には開けられず、電池交換は容易ではなさそうだ(調べれば出てくるかも知れないが)。

代わりにiPhone 6s(だったか、超大嫌いだしクソのように使いにくいので名前すら分からないw)で定期撮影できないか考えている。今は純正の「ショートカット」とかいうアプリでオートメーションができるようだが、それを入れるにはOSの更新が必要で、そうすると他の問題が出そうだから悩ましい。

さっきiPhoneを起動したら、「電話番号の変更」とかいう通知が出ていて、それをしたことや、新しい番号が全然記憶にないのだが、ハッキングでもされ掛けたのだろうか? 謎だ。

↑ 何となく思い当たって調べたら、原因が分かった。iVideoを試した最初の頃に、SIMを一時的にiPhoneに入れたためのようだ。新しい電話番号はそのSIMのものだった。 (2020/7/21 4:15)

iPhoneはどうにも不便で使いたくないので、Nexusの電池を交換できるか検索したら、随分簡単に分解・電池交換できそうだったので(→ 参照)、やってみた。道具(プラ製の分解用ヘラ)がないのと電池が両面テープで結構しっかり接着されていたのでちょっと神経を遣ったが、なんとか外せた。電池の外装は全体的に柔らかく、特に裏側はアルミ箔なので、外す時に破ったりしないように注意した。電池はAmazonで1700円くらいで売っていたので、注文した。

なお、背面パネルは電池が膨らんで持ち上がった薄い板だけでなく、その下部の つばのような、側面を構成する部品も一体だった。だから、板だけを剥がそうとしたら壊れてしまっただろう。

驚いたことに、この膨らんだ状態でもまだ電池の能力は残っていたようで、分解する時にたまたまボタンを押してしまったら、画面が点灯して起動し始めたことだ(ただし、そのまま起動できたかは不明)。なお、電池を外した状態では、USBで電源を供給しても電源は入らなかった。 (7/21 8:50, 10:46, 21:39)

 

(7/21 6:16 Nexusの国を訂正 ← 8:17 Nexusでなくセンサの国だったので取り消した。)

  •  1
  •  0

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL