SNSに「書くこと」でどんどんバカになる人たち、その意外な落とし穴

僕の嫌いな対談の例に漏れず、内容がとっ散らかっていてイライラした。題も見出しも中身と少し食い違っている感じだし※、最後なんて随分唐突だ(聞き手が勝手にまとめていいのだろうか??)。テーマは文章をどうのこうのなのだから、対談の記録だってもう少し読みやすく調整して欲しい。

※題について言えば、SNS(ブログは除く。ツイッターなど)なんて、僕に言わせれば文章を書いている範疇ではないから、そこからして違う。だから、「(ちゃんとした)文章を書かないから、馬鹿になる」のではなかろうか?

まあ、そういう細かいことwはどうでも良くて、この記事で「なるほど」と思ったのは、

宇野: (前略) もちろん、これは悪い例で、「書ける」だけじゃ意味がないことを証明している。でも、その一方で確実に「書ける量」と「考える量」は正比例してると思っていて、書けない人っていうのは単純に、考えてる量が少ない人がほとんどだと思うんです。

自己紹介にも書いているとおり、僕は(一般的にはしょうもない・詰まらないことでも)考えることが好きで、文章を書くのも好きだ。だから、日課などにしなくても(そういうのが大嫌いで、逆にやる気を削ぐ)、書きたくなってここに書く。しかも量が多いこと(長いもの)も結構多い。それができる理由は、上の記事によれば、僕が「考えている」からのようだ。一方で、(大量に)書くだけじゃ意味がないそうだが、内容の良し悪しは分からん。とりあえず、(以前書いたか止めたか忘れたが、人は考えなかったら終わりだと思っていることもあり、)考えているから良しとするwww

 

PS. 上の宇野という人のサイトが、クラウドファンディングで収入を得ているのは羨ましいと思った。是非お金を払いたくなるような文章を書くとか、実験をするとかすればいいのだろうな・・・

  •   1
  •   0

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL