先月から久し振りにドライブに行きたくなって居たのだが、天気や体調や寝不足で眠いなどの条件が合わなくて延期していた。昨日はたまたま良かったので、行けそうだった。ただ、寝不足気味だったし今一つ疲れていたので、軽く近場にした。いくつかの候補があったが、最終的には古峰ヶ原(古峯ヶ原古峯神社)と霧降高原が残った。先月なら後者が涼しくて良かったが、今は寒そうだった。それでも、前者は今一つおもしろみに欠ける感じなので、霧降高原にした。

9:40頃出発した。別の稿に書きたい(と思って居たがまだ書けてない)が、近頃は、なぜか、車に落とされるコウモリの糞尿が少ない(関係あるかは不明だが、鳩の声も全然聞こえなくなった)。それで、昨日はいつもの乗る前の車掃除は不要だった。

以前、鳥のものと思って居たのはコウモリのもののようだ。夏頃は数日で車の上に何個か(十個近く)糞や尿の跡があって、出掛けるたびに拭って居て結構面倒だったのだが、近頃は少なくなった。居なくなる訳でもないだろうから、寒いと活動が不活発になるのだろうか。

(書いてから思ったこと) それから、考え過ぎだろうが、これって大地震の前兆?? (嫌だなあ・・・)

いつもと同様、のんびり走るのが気持ち良かった。季節のせいか、暑いような寒いような感じで、ヒーターやエアコン(冷房)の調整が頻繁だった。あと、例によって眠くなった。そのため、ナビの地図のスケールのせいもあったのだろうか、休憩後に出る方向を間違えて少し遠回りになったりした(おそらく、経路上部のM字の部分)。

11:45頃、目的地の霧降高原のキスゲ平園地に着いた。いつのもように、上りは老人の車が前に居てつかえていた。途中に ぽつぽつと綺麗な紅葉があった。涼しいというか肌寒く、気温は11℃だった。曇っているうえに霧だった。

駐車場のトイレ(写真奥)は、自分でシャッターを開けるのが珍しかった。ただ、実は、その上のレストハウスに普通のトイレがあった。

特に目的もなく来たので、この先(北上して大笹牧場から栗山に抜け、国道122号線に出て帰る)は結構遠いうえにバスや老人の車などで混みそうだから、ここで引き返すことにした。ただ、折角なのでちょっとぶらぶらすることにした。あと、お腹が空いたので、レストランが空いていたら食べようと思った。

入ってみると空いていたので、ビーフカレーを食べた。出て来るのがやけに早く、一気に期待がしぼんだが、実際そうだった。外見は綺麗ではあるが、まあまあで、ルーよりもご飯とそれに載ったスパイスだかハーブのようなものがおいしかった。ここにはサラダすらなく、良くありそうな、「綺麗なスキー場のレストラン」て感じだった(実際、ここは昔はスキー場だったようだ)。値段も千円と、それらしかったw

食べたら少しパワーが出て来たので、遊歩道を歩いてみることにした。ここがスキー場だった頃のリフトの跡に階段が作られて居るようで、ところどころ、階段の両脇にちょっと周遊するような小道があった。開放的で気分は良かったが、少し登っただけ(100段目辺り)で息が切れた。そして、いくらでも来るオバさんたちが いつでもどこでもうるさくてちょっと興醒めだった。なぜ、場所をわきまえずに大声でしゃべるのだろうか。

それでも、木の匂いが良かった。ただ、風は冷たかった。あと、熊は出ないのか、ちょっと心配になった。動物よけのフェンスはあるが、ビニル(鳩よけ網の目を荒くしたような物)なのですぐに破られるだろう。昼は出なさそうだが、朝晩は油断できない気がする。

結構疲れたので、頂上らしきところは近かったが行くのは止め、途中で引き返して来た。いい運動だった。それにしても体力が落ちた。30分くらいしか歩いていないのに、息が切れた。春頃からずっと部屋にこもっていたせいか(そのせいか、自分でもちょっと心配になるほど太ももが細くなってしまった)。それで、息切れが収まるまでレストハウスで休んだ。

レストハウスのストーブの前に色白のお嬢さんが佇んでいた。なぜか、ストーブの真ん前にずっと立って居た。昔のなっちゃん(田中麗奈)のように顔が鋭いが、こんな子も そのうち やかましいオバさんになってしまうのだろうかと思ったが、全く余計なお世話だw

そのあとでレストハウスに入って来た若い女性たちが、妙に昔(バブル期あるいは80年代)の都会的にキャピキャピしていて(当時はそういうお姉さんのことを何と呼んでいたっけ? 「ギャル」は違う気がする。全然縁がなかったから分からないw)、わざわざ花の図鑑(ちゃんと見るのだろうか?)を買ったり、その時に、「途中で見た草刈りの人(「お兄さん」)が感じ良かったからお伝え下さい」などと言っていたが、なんだか今どき珍しかった。装備からして「山ガール」ってやつなのか?

13:15頃、帰路に就いた。結構疲れたので、帰りは日光宇都宮道路を使い、14:40頃、無事に帰宅した。ただ、家に近くなったら疲れが溜まったせいか、注意が散漫になってしまった。もちろん、疲れはすぐには抜けず、今も脚(特にふくらはぎ)や首などが痛い。

約5時間、117km。

毎度のことながら、車はエンジンが軽く回り、車体が軽いせいか走りが軽快だし、その一方で、剛性が高いせいか挙動が安定しているので、スピードを出さなくても走るのが楽しく、運転が楽だ。MTだけど、年数が経ったせいかスパッと軽く入って、渋滞しない限り何の苦もない。

それで気付いたことがある。: 仮に次に乗り換えるとしたら、アルトワークスは駄目だ。おもしろいとは思うが、きっと こんなにのんびり走れないので(パワー・トルクが小さいので余裕を持った走りができず、常に高回転をキープしなくてはならないので、多分イライラすると思う)・・・ だから、次も今くらいのがいい気がする。

でも、以前なおきさんに試させてもらったコペンは、ターボのおかげかそこまで高回転型ではなかった気がするから、実際のところは分からないw

イライラや危険はほとんどなかった。せいぜい以下だった。

  • 行きの山道で遅目の老人車(AQUA)が、帰りの下りでも前に遅目のLEAFが前に つかえていた。ものすごく遅くはないからムカつきはしなかったが、なんか手持ち無沙汰になってしまった。譲ればお互いに気楽なのにと思う。意地でも譲りたくないのか、譲ることを知らないのか、後ろを見ていないのか、僕に威圧感がなかったのか(これはいいことだがw)。
  • 帰りの日光宇都宮道路の料金所で、追い越し車線にETCのゲートがないのに気付いた車が(慌てて)2台前に入って来た。予想したので危なくはなかったが、2台はちょっと・・・ あとの方は昔のコルベットで排気音がドドドドしてた(こいつは前の動きを見ているはずなのに更に突っ走って来たので、馬鹿だと思った)。
    • そういう僕も、家の近くで曲がろうとしていた信号の手前が工事で、その手前でも曲がれるのか分からず躊躇していたら、右車線に入るのが遅れてしまい、後ろの車に迷惑を掛けた。

あと、日光宇都宮道路をのんびり走っていたら、レガシーか何かのSTiが抜いて行ったのに、ETCが付いてないのか、料金所のあとでまた後ろから来たのが笑えた。

昨日は音楽を掛けないことが多かった(疲れのせいか うるさい気がしたのと、運転に集中するため)。すると、エンジン音や走行音が聞こえて来てなかなか良かった。ただ、買った時からだが、ダッシュボード辺りから結構ビビリ音がするのがちょっと不満で、何とかならないものかと思った。まあ、あのジジイ(会長?)の言う「貧乏人のための」車なので良しとするw

上述のように、車はまだ調子良く、(写真で気付いたが)遠目に見ると綺麗だが、実は汚れている。しかも、年数が経ったせいか、塗装が劣化して来ており、コウモリの糞掃除をすると布が黄色くなる。まあ、仕方ない。屋根にべとついた汚れがあるので洗車してもらいたいが、それも面倒だ。

帰りにガソリンを入れたら、夏場は10km/lを切っていたのが11.4km/lにまで回復した。総走行距離は約57000kmになった。

IXY Digital 3000ISとAQUOS sense liteで撮影。

  •   0
  •   2

8件のコメント

  1. naoki:

    ドライブは個々の楽しみ方がありますが、僕は運転するときは音楽掛けないです。どんな車を運転するときも(それが軽貨物でも)車の声を聞くのが好きですし、安心します。

    それはさておき、
    れんとさんのスイフトスポーツは
    136PS/6900rpm
    16.3kgm/4400rpm

    僕のコペンは
    64PS/6000rpm
    11.2kgm/3200rpm

    だそうで、確かにコペンはスイフトスポーツに比べると低回転型になります。

    ただ、1気筒の径やストローク長、排管や防音などによって「やかましさ」や音の高低は違うでしょうし、それが気持ち良いものにチューニングされているか、さらにドライバーの感じ方もあるでしょうから一概には……というところです。あ、音楽に通じますねコレ。

    ああ、僕もドライブしたいーww!

    •   0
    •   0
  2. れんと:

    ●へえ、なおきさんのコペンは比較的低回転でトルクが出るから乗りやすそうですね。現行のも興味が出ましたが、あれは形が悪くて高いうえに3気筒ですからね・・・

    調べたら、なおきさんのはアルトワークスより少し(1kgm)トルクが大きいですよ^^ そして、現行のコペンはトルクが小さい(9.4kgm)うえに高回転型だから駄目ぽいです。

    余裕ができて、ドライブできるといいですね。

    •   1
    •   0
  3. れんと:

    ●そうそう、結構前になおきさんが音楽を掛けずに運転すると伺いましたが、近頃は大分その気持ちとか気持ち良さが分かって来ました^^

    「次はオーディオなしの車でもいいかも」とかいう極論すら思いますが、カーナビを付けると自動で付いちゃいますねw

    •   1
    •   0
  4. JS:

    そしてカーナビを付けると、ほぼ自動でテレビ受信機を保有したことになって、別の問題が発生しそうですねww

    •   1
    •   0
  5. れんと:

    ●そうなんです。そこが困るところです・・・

    今のところは、次の車を買う時にはナビにアンテナ線を接続しないように頼むつもりです。(ただ、実はアンテナが繋がってなくても映ってしまうことがあって、悩ましいところです)

    あと、将来は、(もっとみんなが文句を言うようになって)TVなしのカーナビが出るか、スマフォのナビアプリがもっと「本物」に近くなることを期待してますが、果たして・・・ ただ、前者は多くの車を持つ会社などには売れそうですから、あるかも知れませんね。

    •   2
    •   0
  6. れんと:

    ●TVなしカーナビをちょっと探してみましたら、デンソーの商用車用のがありました。ただ、値段が不明(高そう)だし、いったい いつの製品かも不明ですw

    https://www.denso-ten.com/jp/eclipse/product/biz-navi/avn-rb7/index.html

    あと、ポータブルのはいくつかあるようですから、今後は増えることが期待できます。

    そうすると、次はネットユーザーを一網打尽のパターンになりますかね・・・ まったく溜息が出ます。

    •   1
    •   0
  7. naoki:

    オーディオ無しの車でも僕は良いんですが、最小限の装備であろう、実家のダイハツ ハイゼットでさえ、AMモノラルのラジオがついてます(スピーカーは運転席側のみ)。

    それはそれで、硬派で良いなあと思ってますw

    •   1
    •   0
  8. れんと:

    ●そう、やっぱりラジオはありますよね。あの音が味があってねぇw

    ラジオが付いていると非常時に使えそうですが、それならポータブルラジオで済むと考えて、なければなくてもいいかと思ってました。ただ、持ってない時に限って何かが起こるので、付いているに越したことはなさそうですw

    •   1
    •   0

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL