ノンヒューマン・パーソンズ~動物に“人格”が認められる時代がやってきた

以前から疑問を呈してきたが、いよいよ動物にも人権ならぬ、動物権が認められる流れみたいだ。個人的には、大好きな猫ちゃんには いいことだと思う。本猫に無断で恥ずかしい写真を撮られて、全世界に公開されることも減るだろうwww あと、訳もなく馬や鹿が馬鹿にされることもなくなるはずだ。

そして、当然ながら、次は植物、そして無生物(鉱物など)※、更には工業製品、無形物(ソフトなど)などなどに発展するのだ(爆)

どーすんだろうね・・・ (怖いもの見たさはあるが)

昔は鉄鉱石を加熱して叩いて刀にしていたが、そういうのは残虐だとか言われて禁止されるのか?? やっぱり、緩く熱して優しく押すようになるのか?

それから、コンピュータ関連では余りにも過酷なテスト・使用(例: 高速な異常な操作の繰り返し、長時間連続運用、オーバークロック、過熱・過冷、電池不足、落下・水没)は残虐だから禁止とか?www: そうなると助かるねw

あと、音楽関係だと、ふざけて演奏してはいけない(これは今も著作権に近いものがある)とか、買ったもの(楽譜やCDなど)を演奏・聴取せずに放置してはいけないとか?: これは大いに賛成だ。

  •   0
  •   0

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL