少し前の話だが、2要素認証のワンタイムパスワード(TOTP)生成用のアプリAuthyを止めた。それ自体は便利だったのだが、Linux版が嫌いなSnapというソフト配布システムを使っていて、Snapを止めるために止めることにした。

乗り換え先のアプリを検討したが、Authyのように、LinuxとAndoroidで動いてTOTP生成用データを共有・共用できるアプリはなかった。ただ、パスワードマネージャのKeePassXC(Linux)とKeePassDX(Android)はTOTPに対応しており、それらはクラウド経由でデータが共有できるので、使えそうなことが分かった。

一方、同じアプリでパスワードとTOTPを管理するのでは、2要素認証の意味がなくなって脆弱な気がしたので、次の方針にした。

KeePassXCとKeePassDXでパスワードとTOTPを管理するが、マスターパスワードの異なる別のDBに格納する。

そのため、実際のログイン時の操作は少し面倒で、以下のようになる。

  1. パスワードのDBを開き(パスワードDBのマスターパスワードを入れる)、目的のサイトなどにユーザ名とパスワードを入力する。
  2. 2要素認証のサイトではTOTPのDBを開き(TOTP DBのマスターパスワードを入れる)、目的のサイトなどにTOTPをコピー・ペーストする。

マスターパスワードが増えて なかなか面倒だ(その他にもPCやサーバのログインなどのパスワードがあり(これらもDBに入っては居るが、開くのが面倒なので覚えている)、記憶の上限に近くなっていて、時々こんがらがる)。Linux対応の指紋読み取り装置があれば使えるだろうか? 他にもっと便利な仕組みはあるだろうか?

近頃はFIDOとかいうのが有名だが、名前しか知らない。 → LinuxではYubiKeyというのが使えるそうだ。それを買うのもいいが、スマフォの指紋読み取りシステム・デバイスをLinuxにも使えれば手軽でいいが・・・ (これはおもしろそうだが、セキュリティ的にはどうなんだろうか? それに、きっと「root化」しないと無理だろう。)

なお、Andoroidには(TOTPには対応していないが)上記のアプリとDBが共用できるKeepass2Androidというパスワードマネージャもある(KeePassDXの前に使っていた)ので、パスワードはKeepass2Androidで、TOTPはKeePassDXでアクセスすることにして、アプリ内でDBを切り替える手間を省いた(KeePassDXは切り替えが面倒)。それから、Andoroidでは指紋認証でDBが開けるのでLinuxよりは楽だ。ただ、指紋を共用することで2要素認証の意味がなくなる気がしないでもないことに今気付いたが、どうなんだろう?

 

それから、以前も書いたが、Authyはデータをエクスポートできないので、移行する際は、Authyに登録している全部のサイトのTOTPを設定し直す手間があった。また、退会を申し込んでも30日間は保留され、毎週リマインダのメールが来るのが結構鬱陶しい。

  •  1
  •  0

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL