今朝、PCを起動したら、いきなりメールがエラーの山になった。ブラウザの各タブも軒並みエラーになった。調べたらネットが繋がっていなかった。「やれやれ」と とりあえずルータを再起動しても直らず、VDSLモデムを再起動しても直らなかったので、ちょっと慌てた。ルータの表示やログにはエラーは出ていなかった。

それで、スマフォ(LTE)でプロバイダ(DTI光)に問い合わせを出した。※ が、まあ、ルータの故障の可能性が高いので、プロバイダに問題がない場合は、一時的にPPPoEに戻してもらって古いルータに交換して、修理依頼しようと思った。

※案の定、サポートのページはPC前提のようで、文字が小さくて見にくいのはいいとしても、なぜか、問い合わせの文字を入れると全体の高さが増えて、フォームの下にある送信のボタンが隠れて送れない(ChromeとOperaどちらも)という謎仕様だった。仕方ないので、非会員用のフォームから送った(なぜか、こちらはまともだった)。

もちろんこれで諦める訳でもなくw、もう少し調べたら、IPv6(以下、v6)のサイト(例: v6対応のDNSサーバ, JPNEのIPv6チェック, Googleニュース(ただ、内容が古い), FASTの速度測定)には繋がった。

あと、DTIのサポートサイトも実はv6で繋がるので、上記のようにスマフォで苦労して入力する必要はなかったが、その時は分からなかった。

ちなみに、v6で繋がるかは、Linuxだとnslookupコマンドやhostコマンドで分かる。対応している場合はv6アドレスが出る。ただ、v4でもv6でも繋がらない場合は、そもそも何も出ない。

それで更に調べたら、ルータ(I/Oデータ WN-SX300GR)のファームウェア(以下、ファーム)が今月頭に自動更新されていたことが分かった。それから、今朝(3時頃)、プロバイダが障害を起こしていた。

偶然の一致だとは思うが、丁度その少し前(2:52)からAWS(US)が障害を起こしていた。もし関係しているとすれば、IPv4関係のサーバにAWSを使っているのだろうか。 (18:19)

ということは、プロバイダの障害対応に問題があった可能性はわずかにあるものの、ルータの新しいファームがおかしい可能性が高いので、一つ前のに戻してみることにした。すると、嘘のように問題なく繋がるようになった。

ファームを戻すのに、ルータの「初期化」でできるのか分からなかったので、スマフォでダウンロードした。それをUSBでPCに送り(ネットが駄目なので、最初はどうしたものかと思ったw)、EXE形式だったので※、一旦VirtualBoxのWindowsで展開してルータに入れた。

※それにしても、なぜ、単に展開(「解凍」)するだけのものをEXEにするのか意味不明だ。普通にZIPで圧縮すればいいものを・・・ (もしかして、外部ツールを使わずに展開できるようにしたのか)

しかも、笑える(笑えない)のは、そのEXE(EXEpressというもので作ったらしい)の方が中身のファームより大きいことだ。圧縮の意味はなく、単にreadme.txtを同梱したかっただけのようだ・・・ やっぱり、今話題の「暗号化ZIP付きメール」みたいなものだ。

ということは、プロバイダ(実際にはJPNE?)の障害対応で あちらの機器を再起動したので、ルータも接続処理を最初から始めようとして、そのネゴシエーション時にバグとか相性が発現して駄目になったのではないだろうか。だから、新しいファームになってから こちらのルータを再起動したら駄目だったはずだ。

書いたあとで気付いたが、ファームの自動更新後にルータは再起動するはずで、その時に問題が出なかったのは腑に落ちない。プロバイダ側にも、近頃や今回何か変わったなど、問題の原因があるのかも知れない。いまだに回答が来ないので、何とも言えないが。 (18:22)

プロバイダの回答にもよるが、まあ、向こうの機器がおかしかったらもっと大量の苦情が出るはずだから、このルータの問題だろう。時間が経ってから問題が出るのは怖い。とりあえず、ファームの自動更新はoffにした。

でも、他の人は大丈夫なのだろうか? 問題が出ていないのかユーザが少ないのか、これから出るのか(「全然繋がらない」、「突然壊れた」?)。プロバイダの回答が来たら、ルータのメーカーに連絡しようと思う。

プロバイダから回答があり、今回は設定の変更などはないとのこと。上記のように腑に落ちない点はあり、もしかしたら、(今回でなく)近頃変わった可能性はわずかにあるが、90%以上はルータ側の問題だろう。

って訳で、やっぱり時限爆弾だったようだ。 (18:40)

(22:02) ルータのv4通信が駄目になったことの遠因として考えられるのは、上にも書いたようにAWSの障害だ。Downdetectorグラフ(リンク先はキャプチャ)を見ると、ルータがおかしかった9時頃には日本からの報告が最初のピークになっている。ということは、落ちたAWSに国内からアクセスしている端末が頻繁にリトライを繰り返してフレッツ網が重くなったために、ルータのv4通信が正常に動かなくなってしまった可能性がある。実際、14時頃に速度を測定したら、遅いうえに変動が激しかった。ただ、リトライでそこまで通信量が増えるとは考えにくい。それとも、通信量でなくセッション数がオーバーして駄目になったのだろうか。IPoEのIPv4はそれがないはずだが・・・

(22:58) 寝ようとして もう一個思い付いた。IPoEのIPv4はMAP-Eで、今のプロバイダはJPNEを使っているので、ルータ当たりで使用可能なポート数は225個である。以前検討して通常時は問題ないとしたが、今回は、PC起動時には全く接続できない状態だったため、PCとスマフォからのリトライが多発してポート数が足りなくなって、接続できない状態が続いたのかも知れない。確かに、ルータを再起動した直後の短時間(1分間程度)は通信できていたがすぐに駄目になった。通信が回復した途端に多くのプロセスが通信し出して、また駄目になっていたのかも知れない。特に、ブラウザは多くのタブがあるので、一度に通信し出したらとんでもないことになる。

最初のPC起動時に駄目だった理由は分からないが、ポート数の問題だとすれば、しばらく(結構長い)待てば回復するはずで、それが丁度、ファームを古いものに戻した頃だったのかも知れない。

最初のPC起動時に駄目だった理由として考えられることは、新しいファームは微妙にタイムアウトが短いなどネット(フレッツ網)の輻輳に弱いためかも知れない。

ポート数の問題だったかは、ファームを再度最新にして試すか、今のファームでも、ルータをモデムから切り離してしばらくしてからPCを起動すれば分かるが、どちらもなかなか面倒だ。 → 後者を寝る前に試す。

(11/27 5:49) 完全に同じ状況ではないが、ポート数不足は起こらなそうだ。PCの起動時に一番多いのはメーラー(Evolution)のIMAPでのメール取得で、ブラウザは自分でリロードなどしない限りは接続しない。メール取得中にブラウザでいろいろ開いた時の使用ポート数は81だったから、余裕がある。一方、スマフォはしばらくWi-Fi経由で接続できないと自動で無効にするようなので、接続再開時に一気に接続が増えることはなさそうだ。

つまり、何らかの原因でルータのファームとプロバイダとの相性のようなものが発現した可能性が高い。それをメーカーに指摘しても、大抵は分からず仕舞いな気がする。

それで、ポート数不足の予防や同じ問題が起こった場合に何もできない事態を減らす事前対処として、なるべくv4での接続を減らすようにした。具体的には、Evolutionの各IMAPアカウントの同時接続数を1に減らし、使っているメールサーバ(さくらのメールボックス)のv6対応をonにした(知らなかったが、そういう設定があった)。あと、バックアップに使っているオンラインストレージBackblaze B2もv6対応しているようだが、バックアップソフトduplicacyは使わないようだ。積極的に使わないのでなく、APIで指定されたホストがv4なのかと想像している。※

※近頃のログを見たらいつも同じホストなので、もしかしたら、最初にバケット(記憶領域)を作った時にホストが決まり、それがv4のみに対応しているのかも知れない(ストレージは容易に移動できないので、その可能性が高い)。今後の対応に期待したい。

 

それにしても、僕にとってはネットはライフラインであることを再認識した。今回はスマフォがあって良かったが、もしなかったら、本当に にっちもさっちも行かなかった(電話じゃファームのダウンロードなんてできない!)。だから、無駄なようだけど二重化は意味がある。

そして、そういうすごく重要なところに安いルータを使っているのは良くないことに気付いた。十年近く使えるのだから、1-2万円くらいのにしても良さそうだった。※ が、時既に遅しだ。それに、国内のN社は評判はいいけど(近頃は微妙な感じ)好きじゃないし、Y社はすっごく高いしWi-Fiのはないからな。まあ、問題が頻発したら交換を考えよう。

※思い出した。当時はv6にする効果(高速化)に疑問があったので、とりあえず試すために安い物を買ったのだ。今はv6でないと使い物にならないので、次は高目のものを買えばいい。

 

PS. 今回、意外にIPv6対応のサイトが少ないのを実感した。Googleはまあ優等生だが、tenki.jpとかYahoo!天気など、いかにも対応してそうなところが駄目だった。そもそも このブログも駄目だしw

あと、こういう時のために自前でv6→v4変換サービス(プロキシみたいなもの)を作りたくなったが、なかなか面倒だし、今回のようにv4だけ駄目っていう障害は稀だろうし、ファームを戻したら回復したので、早くも「喉元過ぎれば」となって「また今度」にしたw

でも、意味があるかは疑問だが、とりあえずこのサーバをv6対応にしたい気もしている。

PS2. ネットが駄目な状況でもJoplinは問題なく使えたので、感心した。PCからもスマフォからも何事もなく読み書き出来(もちろん、同じノートは同時に変更していない)、ネットが繋がったら普通に同期した。某Evernote(web)ではエラーが出て使い物にならなかっただろう。

  •  0
  •  0

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL