先日ちょっと書いた、ブログにボットが良く来る件でアクセスログを見ていたら、不正ログイン試行や悪質なアクセス※が結構多くて気になってしまった。

※例: シェルのコマンドを実行しようとするもの、大量のバイナリデータを送って来るもの。

以前にも何度か、目に付いた時に そのアクセス元近辺のIPアドレスをブロックするように設定したのだが、設定するスクリプトを変更するのは面倒だし失敗する可能性があるので、ブラックリストのファイルにIPアドレスを書いて、適宜追加できるようにしてみた。動作確認した時は うまく動いたのだが、たまたま翌日にカーネルの更新で再起動になった あとは繋がらなくなってしまった・・・

それでサーバ(VPS)のコンソールで調べたら、起動はしているもののNWが全然使えない状態になっていた。: ホスト名の検索(DNS)は駄目だし、プロバイダのDNSサーバにすらpingが通らなかった。

ログを調べると、networkd-dispatcherが"Unknown state for interface NetworkctlListState"という訳の分からないエラーを出していた。更新されたカーネルの問題・相性を疑っていたのだが、検索しても ほとんど出て来ないので、僕の環境の問題だと思った。

結局、(上のエラーの前に出ていたのだが、)systemd-networkdが起動しなくなっていたためにNWが使えなくなっていた。その原因は、上に書いたブラックリストのために追加した処理にバグがあり、必須のNWアクセスも遮断するようになっていたためだった。

そのバグというのが しょうもなくて、たった一個の余計な空白(下の $var のあと)が原因だった。シェルスクリプトに

if [ -n "$var " ]; then

のように書いてしまったのを気付かなかった(近眼+老眼+白内障(進行中)のコンボに加え、そもそも眼が不調だ)。$varが空の場合に以降を実行するのに、これでは 全く実行されない。その処理が重要で、実行されないとNWが全部遮断されてしまうのだ。。。

そもそも、空かどうか調べるのに"$var"のように " で挟んで書くのが良くなく(しかも面倒)、もっと間違い にくい書き方がある気はするが、今まで見たことがない。少し考えたい。

そこを直してサーバは回復し、ファイルに入れたブラックリストも ちゃんと動いた。

 

そして更にもう一個、隠れた問題が見付かった。Linuxの仕様なのか、NW-IFを有効にする前のスクリプト(/etc/network/if-pre-up.d/*)が何度も実行されるのだ。僕は そこに上述の悪質アドレスのブロックを設定するスクリプトを入れたのだが、今回初めて、それが何度(4回)も実行されていることに気付いた。

内訳は、実際のNW-IFに対するIPv4, IPv6が各1回、全体に対するもの?(IFACE="--all")、loopback(IFACE="lo")だった。

もちろん使う前に調べれば分かる・調べるべきことだが、余りにも おかしな・杜撰な仕様だ。今まで問題なかったので、スクリプトは何度実行されても問題ないようだが、念のため、一度だけ実行されるように修正した。

スクリプトに渡される環境変数のMETHODが"none", IFACEが"--all"の時だけ実行するようにした。ただ、これはどういう契機なのか分からず、将来は なくなるかも知れないので、実行されなかったら警告が出るようにした。

 

起きてから延々と作業して午後遅くまで掛かったが、そもそも、こんなIPアドレスのブラックリストなんて意味ないことに気付いた。

まず、不正・悪質なアクセスをするサイト(のIPアドレス)は無限にある。※ 良いブラックリストを手軽に入手できないかと検索したら、山のようにブラックリストが出て来たが、それらの いくつかと僕のブラックリストに共通のアドレスはなかった。

※今はまだIPv4がメインだが、v6なら本当に無限だ。それに、v6のアドレスは(プライバシー処理のため)基本的に「日替わり」だから、アクセス時のアドレスに永続性・再現性はない・・・

仮に 良いブラックリストを合わせて使うにしても、無限に多くのアドレスでフィルタリングできる訳はなく、段々重くなり、最後は破綻するだろう。

そして、悪質サイトはブラックリストに載ったらアドレスを変えるだろう。載らなくても随時変えるのではないか?※ 実際、以前アクセスして来たアドレスは、(ログを見る限り、)何度か失敗したあとはアクセスして来ない。それに対応するために余分な幅(例: v4なら256-65536個?、v6なら264個??)を持たせてブロックするとしたら、そのプロバイダの他の人までアクセスできなくなる。

※日本ではそうだが、固定IPアドレスの人が少ないこともありそうだ。そもそも固定にする意味がない。更に、上述のようにv6は基本的に固定でない。

そうやっているうちに、誰もアクセスできなくなりそうだ。

だから、IPアドレスでブロックする仕組みを作りは したし、定期的に不正・悪質なアクセスを調べようと思っては いるが、無意味だと思う。どこかで見たが、リアルタイムに挙動で判定するのが良さそうだ。それがWAFなのだろう。

手軽に使えるものがあるか、気になるところだ。

(23:30) 少し探したら、手軽(無料・簡単)なWAFは なさそうだが、無料のものは いくつか見付かった(例: NAXSI, ModSecurity)。

が、インストールや設定は容易では なさそうなので今後の課題とし、まずは現状の脆弱性などの問題をチェックしようとした。: Nikto2というツールとオンラインのスキャナ(例: InnuniWeb, Mozilla Observatory (HTTP), SSLTrust Free Website Safety & Security Check, WordPress Security Scan)を使った。その結果、軽微な問題は見付かったものの、概ね大丈夫そうだった。

ただ、脆弱性に関して余りチェックをしないもの(HTTPヘッダ辺りが中心の感じ → クライアントに被害を及ぼさないかがメイン?)が多かったので、もっとサーバにキツそうなもの(例: w3af, OWASPのいろいろなツール)でチェックする必要がある。

とりあえず、チェックで見付かったHTTPヘッダ周りの問題を修正した(できないものもあった)。

  • WebサーバとWPのセキュリティプラグインAll In One WP Securityが同じヘッダ(X-Frame-Options: SAMEORIGIN)を出していたため、設定値がおかしい(重複している)という警告が出たので、プラグイン側(Misc. → Frames → Enable iFrame Protection)を解除した。
    • 最初は どうして重複するのか分からず、苦労した。
  • (サーバ・OS依存のようだが、)ETagはリスクがあるとのことなので削除した。
  • httpsでのgzip圧縮にはリスクがある(BREACH攻撃)とのことだが、問題の起こらないタイプだけに制限しているので問題ない。
  • 一番の問題は、Content Security Policy(CSP)に対応していないことだ。: ページの修正が要りそうなので、容易には対応できない。

その他に、TLSの問題・互換性をチェックするものもあったので(例: Observatory (TLS), TLS Checklist inspector)、チェックして修正した。

  • 今はTLS 1.3に移行しつつあるようなので、(obsoleteらしい)1.1を止めて1.2と1.3に対応させた。
    • AEADというものに対応していなかったので、対応させた。
    • 1.3に対応させる時、Mozillaの、サーバの設定例を作るページが役に立った。
      • が、その設定と他のチェックが競合・矛盾する場合があって、(細かい問題ではあるが、)どうするか悩ましい。

あと、SQLインジェクションについても いくつかツールが見付かった(例: sqlmap, jSQL Injection)ものの、そもそもSQLインジェクションを良く理解していないので、正しくチェックできる方法を考える必要がある。

良く考えると、(考えなくても、)SQLインジェクションどころか、サーバのセキュリティ向上は2年以上前からTODOに入っており、今回も少ししたら忘れた振りをして放置する気がする・・・

 

PS. 全くの脇道だが、HTTPヘッダ関連を修正している時、Mozillaの設定サンプルにHTTP/2の設定もあって、調べたらサーバは対応しているので(もちろん、パフォーマンスが劇的に向上するなんて期待は しておらず、興味本位で)ちょっと試したくなった。

が、この「ちょっと」が いつもトラブルを招くのだ・・・w (9/24 8:31)

(9/24 14:39) やっぱり、ちょっとHTTP/2にしてみたw 今度は大きな問題は起こらず、webサーバの設定にHTTP/2を追加しただけで すんなり動いた。ただ、予想どおり、HTTP/2にしても速くならないどころか、わずかに遅くなった(例: このブログは約3%(約11ms)遅くなった)。ページの生成は並列に できないので、基本的には仕方ない。とりあえず試したかったのと、世の中の流れに追従するのが目的なので、まあいい。

このサーバをHTTP/2に対応させた。: Vivaldiの開発者ツールでプロトコル(中央辺りの"Protocol")がHTTP/2を示す"h2"と出ている(最後の"http/1.1"は外部サーバのもの)。

HTTP/2にしても速くない(遅い)原因を考えてみたら、当たり前の気がする。: そもそもHTTP/1.1では複数の接続で同時に転送していたのを、わざわざ1本(想像)にまとめて その中で多重化しているのだから、スケジューリング・多重化・非多重化処理が増えて遅くなりこそすれ速くなる訳がない。

HTTP/1.1の複数の接続では両端の機器や経路へのリソース的な負荷が重くなるが、それが問題なければ、1本にまとめるより ずっと効率が良いと思う。

あと、ヘッダをバイナリにするとデータ量は減るだろうが、元々ものすごく大きいものではないし、エンコード・デコードの処理が増えるから やっぱり少し遅くなるだろうし、ボディ(本体)は もともとバイナリ可なので、何も変わらない。

結局、接続を減らして処理が多くなるのに速くなるという理屈が不思議だ。HTTP/2はリソース面でエコだとは思うが、速度は期待できない。

不思議なのは、JoplinのデスクトップアプリがHTTP/2を使わない(なぜかモバイルアプリは使う)ことで、最新版に更新しても同じだった。良く分からないが、Joplinには構わないことにしているので良い。

他のアプリでは、PC(Linux)ではEvolutionは1.1だったが、意外にもSeamonkeyは2だった。Thuderbirdの新しいコードを取り込んでいるのか。スマフォ(Android)ではDAVx5は2だった。

作業に付随して起こった ちょっとした問題(これで疲れた)は、CLI版を更新したら なぜか起動しなくなり(以前もそうだったので、頭に来て更新しないことにした気がする)、ちょっと調べたらnodeのモジュール@aws-sdk/middleware-endpoint※が不足していたので、自分でダウンロードして追加したら動いた。

※パス: ~/.joplin-bin/lib/node_modules/joplin/node_modules/@aws-sdk/middleware-endpoint

構成ファイルが駄目なのか、nodeのバージョンの関係か。誰も指摘しないのが不思議だが、Joplinには構わないことにしているので、ここまでとした。

(9/24 18:12) 下のPS2にも書いたが、正直言ってHTTP/2はイマイチなので(実際、すぐにHTTP/3が出た)、対応したばかりだが止めた。処理が複雑な割に効果がないし、余計な機能はバグなどを生んでセキュリティ上のリスクになるから、ないほうがいい。

PS2. ようやくHTTP/2に追い付いたと思ったら、HTTP/3が出て居た。開発者ツールでGoogleのサイトを見ていたら"h3"というのがあって気付いた。今度はQUIC/UDPベースだそうで、応答は速そうだ。となると、結局HTTP/2はイマイチだったようだwww でも、HTTP/3も目論見ほど いいのか疑問はある。 (9/24 17:31)

  •  0
  •  0

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL