今週は2日しか会社に行ってないが、結構疲れた。新製品がらみで、既存製品のコードもガリガリ変えたからかなあ。ソースを共通化すると大変だ。新製品の環境でビルド・動作確認した後、既存製品の環境でビルドすると大抵エラーになるので、それを直して動作確認して、もう一度新製品でビルド・動作確認するのだ。更に、こっちでもエラーが出る場合があるので、堂々巡りになり兼ねない。それでも、(基本的に良く似たプラットフォームなので)別々のソースツリーにするよりは、ずっと手間が少ない「はず」なのだ。

もちろん、既存製品のコードを凍結して一切いじらないという方針も考えられるが、バグがあったり、改良や改造の要望が良くありそうなので、やっぱり同じツリーにした方が得策だという勘になった。

ただし、今は、同じソースを使ってはいるが、2つの製品のディレクトリを別にしているので、コピーしたり戻したりするのに手間が掛かっている。そこで、2つの製品のディレクトリも同じにしたらいいのではないかと、今思い付いた。もちろん、最終的なプログラムは別なので(これを同じにするという芸当も考えられるが、それは止めておく)、最後の最後は別のディレクトリになるだろうが、ソースプログラムだけでも同じ場所に置ければ楽だと思う。

ところで、会社帰りにいつものラーメン屋に寄ったら、家族連れで賑わっていたので、世の中はもうお盆休みだってことに気付いた。そして、隣のテーブルの家族を見て、子供の頃千葉の親戚の家に行った時に、みんなでラーメンを食べに行ったのを思い出した。あの頃は欲がなく、ラーメンよりも高価な食べ物を食べるという考えが無かった。というより、高価な食べ物を知らなかったという方が正しい。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL