久しぶりに帰省(と言うのか?)。

妹たちは冷たく、全然来ない。盆と正月くらい顔を見せに来ても、ばちは当たらないのに… 母と二人で居ても話が弾む訳もないので、まったく面白くない。

ただ、虫の鳴き声が昔どおりに盛大なので、懐かしく思い、安心した。木が減ったとは言え、虫の住処は多いようだ。

実家に来ると、いつもは忘れている様々な鬱陶しいことが相変わらず存在して居ることに気付かされて、気が重くなる。いつか、そういったものとの縁を切りたいのだが、果たして出来るものなのか? 田舎は、たまに来るにはいいが、住むのは面倒だ。特に、人付き合いや慣習が気ぜわしい。一時はここに住むことも考えて居たが、大きな間違いだった。

近頃、サイトいじりで寝不足だったせいか、とても良く眠れた。

  •   1
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL