ハリウッド映画のエンドクレジットは、なぜあんなにも長いのか?

このブログでも、気付くと、右カラムの説明文(プロフィール、お知らせ、著作権)が長くなっていた。ついつい、関係することを全部書きたくなるのだ。だから、長いクレジットを出す映画監督の思い(があるとすれば)は良く分かる。

そして、全部読んでいる人は居るのか、ちょっと疑問になった(居ないだろう)。が、そもそも、必要になった時に読む文章なのだから、通常は読まれなくても良いのだ。映画の長いクレジットも然り。ただ、その長いクレジットの中や後に「おまけ」を付けるのは良くないと思う。そうすると、(長い)クレジットを読むことを押し付けることになるからだ。

(8/22 5:48加筆)

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. JS:

    Me tooをネタにしたこのジョークは本当の話ですかねーw

    ワシントンを訪問した際に同行していた新聞記者が、首相に入れ知恵をしたそうです。

    「クリントン大統領に会ったらまず、『How are you?』と言って握手をすれば「クリントン大統領は『I'm fine, are you』と答えるでしょうから、『Me, too』と応じてください」

    ところが本番、森首相は「Who are you?」と切り出した。クリントン氏は苦笑しつつも、そこは百戦錬磨の大統領。「「I am Hillary's husband.」と切り抜けた。しかし森首相、筋書き通り「Me, too」と断言。さすがのクリントン氏も絶句、同席者は顔色の変化が見て取れたという。

    こうして始まった首脳会議はギクシャクしたものとなったようです。

    •   0
    •   1
  2. PiuLento:

    ●わはは! 本当だったらおもしろいけど、怖いですねーw

    •   1
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL