(ちょっと考察が甘いが、とりあえず投稿)

イプシロン、データ送信0・07秒ずれて停止か

うーむ。詳しいことは分からないが、なんか、とても脆弱なシステムと感じた。まず、通信に関係する遅れを前もって見積もっていなかったこと(普通、2つのサブシステムがあって、それぞれに時計があったら、それらの時刻が異なって当たり前と考えるだろう。その時刻のずれが、見掛け上の遅れや進みになる。もちろん、本当の遅れもある。)、そして、たかが70ms(0.07秒)の遅れに耐えられないシステムだということ。そんなことで、ちゃんと宇宙を飛んで行けるのか、心配だ。

時計という単語が出たので、余談: ロケットは宇宙を飛ぶので、GPS(の時計)は使えないんだろうな。だから、2つ(ロケットと基地)の時計の時刻はズレている可能性が高いと思う。まあ、そのズレはmsなどという大きなものではなく、きっと、μsとかnsオーダーなのだとは思うが。

もう一つ余談: 最初は「たかが70ms」と書き、余談では「msなどという大きなもの」と書いた。これは矛盾ではない。場合に依るのだ。宇宙で使うような時計が1msずれていたら、それはきっと大きなズレだろうし(そうでもない?)、通信では100msの遅れだって充分有り得るのだ。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL