先日購入したDAC、UD-501にも欠点があった。光接続していて、サンプルレートが48kHzから44.1kHzに変わる時、「プチ」っと雑音がするのだ。メーカーに問い合わせたところ、「USB接続かつTEACのプレーヤーソフトで試すように」という回答。

試したところ、確かに雑音はしなかった。だが、そのドライバはかなり使い勝手が悪い。MusicBeeからはまともに使えないのだ(再生速度がおかしくなる)。TEACのプレーヤーソフトにしか対応していなのではないだろうか。まあ、そもそもUSB接続する気は無かったから、それは良しとするが、雑音が出るのは残念だ。まあ、それも冷蔵庫の雑音に比べれば頻度は低いので、我慢するか。

PS. 雑音の原因を推測してみた。: 光接続でサンプルレートが変わる時には、わずかに光信号が途切れる時間があって、その時、UD-501のリレーが音声出力を遮断する。その遮断する時か遮断が解除される時に、雑音が生じてしまうのではないだろうか。ということは、光出力するデバイスを変えてみたら、状況が変わるかも知れないな。

光出力デバイスを、マザーボードに付いている物にしてみたら(ただし、ASIOでなくWASAPI)、雑音はかなり小さくなった。もしかしたら、今の光出力デバイス(ESI MAYA)のドライバ設定を調整すれば、何とかなるかも知れない。

ASIO出力では雑音は無くならなかったが、WASAPI出力なら雑音はかなり小さくなった。難しい選択だ。。。

どうしても雑音は小さくしたいので、WASAPIにした。

PS2. 雑音を無くす方法が一つある。MusicBeeで、再生時に96kHzなどにアップサンプルすることだ。そうすれば、サンプルレート切り替えが起こらないので、雑音は出なくなる。しかし、サンプルレート変換は音質に影響があるので、採用しなかった。特に、44.1kHzから96kHzへの変換は、難しいと思う。(11/13 3:18)

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL