以前Facebookに載せた写真をなおきさんに褒められたので、ここに載せます。ブログなので、顔はぼかしました。

シベリア鉄道で 19890311-1

大学を卒業した年の春休み(1989年)に友達annとソ連に行った時に、シベリア鉄道で撮った写真です(撮影はann)。列車は動いていましたが、なぜかドアが開いていました。暇なので列車内を徘徊していて見つけました。何もガードがないので結構怖かったですが、珍しかったので、すかさず撮りました。「さすが大陸はおおらかだ」と思ったような気がしますが、定かではないです。

元々はカラー写真なのですが、探してデジタル化するのが面倒なので、あらかじめPDF化していた資料(最初の会社の新人紹介資料)から抽出しました。なんてことまで書くと、炎上した時に個人が特定されてしまうかも知れませんね。。。

余談: 白い部分に人影のようなものが見えるのは気のせい、ではなく、資料の裏のページの方の写真です。

  •   0
  •   2

8件のコメント

  1. naoki:

    そうそう。この写真です。

    イヤ褒めたっていうか率直な感想でしたよ。

    れんとさんが大学を卒業された年と
    私が中学を卒業した年が同じようですが,
    ウェブ上でやりとりする分には
    それほどの年齢差を感じることはありませんね。
    3つかそこらしか違わない感じです。
    (失礼でしたらすみません)

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●へえ、そんなに違いましたか。確かに、10歳くらい違うようですけど、僕も、普段はそのくらいの差しか感じませんね。気が若いってことでしょうかw

    •   0
    •   0
  3. JS:

    腹囲94.0cmは無い感じですねー >1989年

    •   0
    •   0
  4. PiuLento:

    ●はい。当時は痩せ型とまでは行かなくても、普通の体型でしたねー。

    •   0
    •   0
  5. yuno:

    シベリア鉄道ですかー
    どんな景色が広がってたんでしょう。

    頑張ってみて~>普通の体型

    •   1
    •   0
  6. PiuLento:

    ●そうですねえ、やっぱり外は雪景色の森が多かったですよ。印象深いのは、切り通しなどの壁の石に、作業者の名前やメッセージらしきなものが書かれていたことです。あれは何だったんでしょう。

    中はもう、2泊3日で飽きるほど、寝台列車でしたw 列車の騒音がすごかったです。ロシアらしかったのは、サモワールがいつも湧いていて、車掌さんにチャイを頼むと入れてくれたことです。本当は有料なのですが、何度も頼んでいるうちに、タダで入れてくれるようになりました。

    普通の体型、、、「頑張る」とは言えないかも(遠い目)ww

    •   0
    •   1
  7. yuno:

    やっぱり雪景色なんですねー
    シベリアって聞くだけで体感温度が下がる気がします(−_−;)
    ロシアって独特の雰囲気がありますよねー 風土も人も。

    モノクロのせいかな?写真のれんとさん、薄着で修学旅行かなんかの高校生みたいに見えます(すいませんw)

    •   0
    •   0
  8. PiuLento:

    ●ええ、森の他には、一面雪の畑か草原か荒地もありましたよ。確かに行く前は、シベリアは寒いイメージでしたが、室内は暖房が効いていて、暖かったですよ。でも、外はやっぱり極寒でした。

    そう、独特ですね。僕はロシア音楽(ラフマニノフとか)が好きです。それは随分後になってからの話ですけどね。

    ダウンジャケットやセーターを着て行ったのですが、室内は暖かったので、あのような薄着でおりました。あの頃は、高校生と言ってもバレない位若かったかも(嘘)w

    うーむ。こうしてコメントを書いているうちに、あの時の旅行記を書いてみたくなりました。でも、記憶も記録も残ってないので、アルバムがいい所ですね。

    •   0
    •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL