まだ1/5くらいしか読んでないが、大筋は大体分かった気がしている。まあ、webの紹介を読んで思い付きで買ったのだが、そもそも、読む目的が無いことに気付いた。彼のように「成功」してお金を儲けたい訳ではないし、彼らのようにハードに仕事をしたくなどない。もっとも、伝記を読んだだけでお金が儲かるくらいなら、誰も苦労しないが。

読みたくなった理由を挙げるとすれば、Amazonが好き(Appleもそうだが、単に「好き」というより、どこか魅かれるものがあるのだ)だからだろう。

あと、ジョブズの伝記を読んだ時もそうだが、僕は比較的、本の種類では伝記が好きなのかも知れない。→ いや、少し考えてみたらそうではなくて、スタートアップの躍動感に魅かれるのかも知れない。自分のアイデアで新たな製品やサービスを生み出して成長させるのは、確かにエキサイティングだと思う。お金のためでなくて、そういうことならやってみたい。実際、(前の会社で)何度か挑戦して、とても楽しかったが、売れる製品というのはなかなかできなかったな。。。

そもそも、僕は売れる(お金になる)物を作ることには全く興味がなく、自分が純粋に技術的におもしろいと思う物を作って世に出したいだけなので、それをうまくプロデュースしてくれる人が必要なのだろう。それが、ベゾスなりジョブズのような人なのかも知れない。

ちなみに、この本は、当然のようにAmazonで買った。

(1/14 6:58 修正・加筆)

  •   0
  •   2

コメントを書く

名前    

メール 

URL