歩いていたら、県の住宅供給公社の共同住宅を目にして、結構良さそうだったので早速調べたところ、「県営住宅」と「特定優良住宅」というのは安いのだが、収入の上限があったり、単身者は入居できないとのこと。もう一つ、「公社賃貸」というのがあって単身でも入れるようだが、結構高くて手が出ない。市の住宅も、単身が駄目なのは似たようなものだ。やはり、民間の賃貸になるのかな。

PS. やっぱり、地方はまだまだ多様な生き方を認めていないということか。いや、東京都の公営住宅でも同じことかも知れないな。面倒だから調べないが。まあ、「普通でない」人は、公的には面倒見きれないから、どうぞお好きにということだろう。(16:28)

  •   0
  •   1

2件のコメント

  1. JS:

    私も、前の会社を辞めて引っ越す先で公団住宅の入居条件を聴いてみたことがありますが、4月時点(入居時点)での勤務先の年収証明書を出せと言われてブチ切れたことがありました。入居条件を聴いている時にはまだ勤めてもいない所から、どうやって年収証明書を発行してもらえるのでしょうかねー。公営住宅は、こういう理不尽な要求を平気で言ってきますから、あまり関心を持たれない方が幸せに過ごせる気がします。

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●体験談をありがとうございます。へえ、そんなことがあるんですね。全く理不尽です。はい、やる気のないお役所住宅はあきらめて、民間を探すことにします。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL