今までは増設ボード(ESI MAYA44 XTe)の光デジタル出力を使っていたのだが、サンプルレートが変わる時や音量が0でない場所で一時停止する時にプチっとノイズが出る場合があって気に入らないので、マザーボードの光デジタル出力(Realtek)に換えてみた。また、APIをASIOからWASAPIに戻した(RealtekのドライバはASIOをサポートしていないため)。

ESIはサンプルレートが96kHzまでの対応だが、Realtekは192kHzまで対応しているので、実は伝送性能はRealtekの方が上なのかも知れない。

当然ながら?、音質の変化は感じられない。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL