最近、除湿機よりもエアコンの強めの冷房の方が、除湿能力が高いのを知った。というのは、除湿機を掛けていた時は、部屋の湿度が50%を切ることはほとんど無かったのに、暑くなってエアコンを強めに掛けたら、除湿機無しで(寿命を延ばすために切っている)、40%台前半がザラになったからだ。

そうすると、除湿機を買った後に測った、いろいろな所で湿度が均一になっているという結果は、実はエアコンの影響(効果)で、除湿機はほとんど役に立ってなかった(暑くなるだけ)のではないかという疑問が湧き出て来た。でも、除湿機を入れる前は、エアコンを掛けても60%台だった覚えもある。さて、どうだったか。

うーむ。まあ、結論を出すのは秋のエアコンを掛けない時期まで待ってみるか。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL