ドライブに行った先で木の下に車を停めておいたら、帰る時にびっくりした。車に焦げ茶色の点々が沢山付いていたのだ。どうやら、桜の樹液が垂れたらしい。車に乗ったら、雨のようにポタポタという音が聞こえた。そんなに垂れるものなのか。

それからもう、昼ご飯そっちのけで塗装のことが心配でならなかった(それでも、蕎麦はちゃんと食べたが)。部屋に着いて、涼しくなってから洗車しようと思っていても、居ても立ってもいられず、さっき、バケツと雑巾で落して来た。運良く、塗装は大丈夫なようで、軽いものは水で拭くだけで、頑固なものは湿らせてちょっと待ってから拭いたら、落ちた。

昔、実家でも、松の木で似たような目に遭った(毛虫の糞が落ちて来た)ので、今日も何となく嫌な気分がしたのだが、その予感は当っていた。今後はもっと注意しよう。

さて、ちょっとしたら洗車場に行って、全体を洗って来よう。

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. naoki:

    自宅(実家)の,私の車の駐車スペースは,柑橘系の木の隣にあり,やはりポツポツと運転席側一面に樹液っぽいものが付いてます。もう,諦めちゃってますけどね。

    木もそうですが,電線の下も危ないですね。鳥がフンを落としたりします。

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●そうでしたか。それは避けようがないですね。。。そんなに樹液が出るとは、木って怖いですね。

    そうそう、前の部屋の駐車場の上に電線があって、たまに、ボンネットの上にフンが落ちてましたよ。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL