仕事で新たな言語を使うことになるかも知れない。大昔、ちょっとかじってそれっきりで、半ば避けていたオブジェクト指向言語なのだが、ついに捕まってしまった感がある。

その言語には今更感はあるし、今から新しい(に近い)言語を覚えるのは、はっきり言ってダルいのだが、意図したことができればかなりの効果(コストダウンや省電力化)が期待できるので、少しだけ頑張る気が出て来た。

手始めに、サンプルプログラムを動かしたり、それを変えてみたりした。昔の記憶は残っているもので、意外にすんなりと入ることができた。別のオブジェクト指向言語からの類推も有効だった。それにしても、サンプルプログラムの酷さと言ったら、信じられないくらいだった。それでも、無いよりは100倍マシではあった。(7/24 21:50)

  •   0
  •   1

2件のコメント

  1. yuno:

    頑張ってください^^

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●はい! そう言ってもらえると、もっと頑張れそうです。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL