酔ったので管を巻いてみる。

【ハイレゾ入門】初心者のための必須アイテム

突っ込みどころ満載の提灯記事。これを書いた巽とかいう人は、素人のようだ。例えば、

実は録音スタジオで収録したCDの音源も、CDに収めるために、一般的な音楽CDの場合で44.1kHz/16bitというフォーマットまで圧縮している。

「圧縮」の意味を理解してない。CDは「圧縮」などしていない(まあ、制作過程でダイナミックレンジの圧縮はしているが、その意味でないだろう)。単に、サンプリングレートと分解能が、今となっては少ないだけで、非圧縮だ。

情報量が大きくなればなるほど、ミュージシャンが生み出す原音の息づかいや空気感、倍音の伸びなどが生き生きと再現できる。

そうかな。彼の言う「情報量」って、単なる伝送レートであって、言ってみれば、土管の太さだ。確かに、土管が太ければ原音が聞こえる可能性は高くなるが、本当に聞こえるどうかは、制作過程によるのではないだろうか。更に、仮に原音が聞こえる制作やフォーマット(サンプリングレートや分解能)や機器であっても、まず、聴く環境(部屋など)がそれに対応していない。無響室にでも住んでいない限り、生活騒音が大き過ぎるだろう。これは、ハイレゾでなくても、CDの音ですら生かしきれないくらいだ。それに触れず、「気軽にハイレゾを楽しむ」などと言っている輩は、全くの頓珍漢だ。

あと、大変興味があるのは、ハイレゾユーザーがどんな音楽を聴いているかだ。まさか、A○Bとかじゃないよね。じゃあ、ハイレゾのための音源かな。そういう人は、音楽を聴かずに「ハイレゾ(らしきもの)」を聞くことを楽しんでいるんだろうね。

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. JS:

    ハイレグ入門の記事を見つけたら、息づかいや空気感の情報量を教えてください。さらに「圧縮」されていると、もっといいですw

    •   0
    •   1
  2. PiuLento:

    ●なかなか良い入門書が無いんです。その辺りはJSさんのご専門かと思いますので、是非、執筆なさって下さいw

    息づかいや空気感って、情報量があるのか無いのか分かりませんね。ただ、圧縮には適していないような気がします。似たようなものに、躍動感や生々しさなんてのもありますね。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL