去年の10月頃から、右下の奥歯の治療で歯科に通っているのだが、まだ終わらない。神経を抜いたのに、触ると感じたり、噛むと痛んだりするのだ。それで、しばらくは消毒薬を取り替えつつ様子を見ていたのだが、2か月くらい前に最終的な薬を詰めて様子を見ていた。

が、それでも状態が変わらないので、今日、詰めた薬を取り除いて、再度消毒薬を入れて治療することになった。僕の見解では、普通の人には無い「どこか」に神経が残っているのではないかと思うのだが、先生はそういう考えには至らないようだ。僕の見解には根拠がないし、僕は医者ではないから、言っても無駄だと思って言ってない。

本当は、他の医師にセカンドオピニオンを求めるべきなのだろうが、歯科でもそういうのって可能なのだろうか? CTとかMRIでも撮れば、残った神経があるのかどうかは分かりそうな気がする。が、そういう調整をするのは結構面倒なものだ。できれば、今の先生がそういう機転を利かせてくれればいいのだが。。。

でも、まあ、なかなかアタックするチャンスが無いIさんに会う機会が増えるから、良しとしよう。

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. yuno:

    ん~~なかなか良くならないのは困りすね。

    >なかなかアタックするチャンスが無いIさんに会う機会が増える

    あらあら・・・痛みが消えちゃうのも困るのかな(笑)
    チャンスがあるといいですね♡

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●そうなんですよ~。こういゆうのを痛し痒しっていうのでしょうか(笑)

    チャンス、今は気長に待ってるんですが、以前のようにゆっくりしゃべれる機会がなかなか来ません。まったく、どうしたものやら。。。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL