今日も雨が降らないようだったので、ドライブがしたくなり、矢板市の八方が原へ行った。登りは空いていて結構楽しかったが、途中から道が細くなったうえに路肩に木の枝などが散乱していて、気を遣った。八方が原は気温が22℃と涼しかった。山登りの人が数グループ居た。それから、日光方面(西)か塩原方面(東)のどちらに行こうか迷ったのだが、日塩もみじラインが面白そうだったので、日光方面にした。下りも道が細くて気を遣った。

Screenshot_2014-08-24-12-14-02_サイズ変更

反時計回りに

もみじラインでは、登りは遅い車がずっと居たが、途中で曲がったので、下りは楽しく走れた。が、途中でバイクに追い着かれた。やっぱりバイクは速く、多少頑張っても全然引き離せなかったので、途中で抜かせた。料金所のおじさんが、「鮮やかな黄色ですね」と言ってくれたのが、うれしかった。

帰りに日光の甜蕎屋源平で十割蕎麦を食べようと思ったのだが、そこへ向かううちに、どうしてか、値段が結構高い(一番安いもり蕎麦の大盛りで1300円くらい)のが嫌になり、止めてそのまま帰って来た。おそらく、食べて大したことなかったらがっかりするからだと思う。あと、道が混んでいて、店が混む時間帯になってしまったというのもある。

という訳で、ただ山道を走っただけのドライブで、まあまあだった。もうちょっと早く出れば、車が少なかったかも知れない。それでも、日光は避けた方がいいというのは確かだ。

約148km、4.5時間。

PS. 八方が原には、高校生の時、アマチュア無線部の合宿で泊まったことがある。その帰り道、顧問のM先生の車にアンテナなどを積んでいたのだが、金具が車の屋根に当っていたらしく、時々異音がしていた。しばらく走った後で見たら、その部分の塗装が剥げていた。先生はさぞ悲しかったことだろう。。。

そういえば、その時か別の年か、友達のH君とハメを外しそうになって、OBに見つかって怒られたことがあった。何をしたのかはちょっと書けないが、高校生の頃って、放っておくととんでもないことをしでかすと、今にして思う。先生に見つからなくて良かった。(17:03)

  •   0
  •   0

4件のコメント

  1. naoki:

    書けないのでしょうが,どんな羽目の外し方だったのか,すっごく興味があって,想像はできないんですが,れんとさんもそんな事があったのかと思うと,笑顔になってしまいます。

    若い時の事って,貴重ですね。経験としても,思い出としても。

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●はい。実はあったんですよー、そういう時分が。喉から手が出る程書きたいんですが、一応、母校に迷惑が掛かるかも知れないので。その、当時は結構大目に見られていたと思っていたのですが、実際にやろうとしたら駄目でした。

    まったく「認めたくないものだな…、自分自身の…若さ故の過ちというものを」ですよw

    •   0
    •   0
  3. naoki:

    吹きましたww!

    •   0
    •   0
  4. PiuLento:

    ●ハハハ!

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL