先日、流しの水切り籠の下に置くトレイを水が流れる物に交換したのだが、水が流れず失敗した。それで、なおきさんのご助言で一旦あきらめたのだが、悪い癖が出て悪あがきをした。― 別のトレイを買ったのだ。今度は傾きがありそうな、リッチェルのにした。店には無かったので、Amazonで注文した。実物を見ずに直感で注文したので、ちょっと不安はあった。

昨日届いて早速試したら、うまく行った。水が少ない箇所では水滴になって溜まってしまうが、少なくとも、前のアスベルのよりは水が流れる。これで安心して眠れそうだw やっぱり、ギミックは重要だ。

ちなみに、傾きはアスベルの倍くらいありそうだ。それと、材質や表面の処理(アスベルはザラザラだが、これはツルツル)も関係して、水が流れやすいのかも知れない。

それにしても、一体、トレイごときにどれだけお金を掛けてるんだか。本来は、籠とセットで1000円くらいで買える物なのに、トレイだけで2000円も掛けたよ。

PS. 「ギミックは重要」と書いたが、あくまでもシンプルなものに限る。複雑なものや凝り過ぎたものは嫌だ。(10:13)

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL