オーディオマニアでない私としては(笑)、部屋のど真ん中にスピーカーがあるというのは、ちょっと違和感がある。そして、使い勝手が良くない。いつか、歩いていてぶつかりそうだし、椅子を180°回転させないと、ちゃんと聞こえないし、音がディスプレイに反射するのが嫌だ。そこで、位置をマーキングして、別な位置を試してみることにした。

今度は、机の左後方150°付近を中央にした。(135°も試したが、低音が気に入らなかった)

IMG_1418_サイズ変更

GEQ・PEQでの調整前後:

S16 EQ cmp

白: 調整前、緑: 調整後

約85Hz~20kHzの範囲で±3dBとなった。定在波の影響か、低音が何となく嫌らしい。特性は中央の時から余り変わってないのだが。

GEQとPEQ:

IMG_1415_サイズ変更 IMG_1416_サイズ変更

メモリ名: 29-TW

まあ、どうせまた変えるかも知れない。

この配置はどうも低音が汚いので、真ん中に戻した。(16:39)

真ん中でも低音は同じようなので、150°の位置に戻した。クラシックは美しいが、ポップスに難がある場合がある。

当分、マスキングテープ(目印用)とメジャーと電卓は机の上に出しておこう。(18:34)

150°の位置は、定在波の影響で低音が100Hzまでしか出なくなったので、真ん中に戻した。グライコを再調整したら、低音の汚さは直った。(20:18)

その後(昨夜)、40-50Hzの凹みを何とかできないかと、右150°を試してみた。

IMG_1437_サイズ変更

GEQ・PEQでの調整前後:

M8 EQ cmp

緑: 調整前、白: 調整後

変わらず。定在波による凹みなので、そう簡単に解消できないことは確かだ。ただ、左150°は100Hzまでだったのに、右150°は70Hzまで出るのが不思議だ。あと、僕が疲れたせいかも知れないが、なぜか高音が出にくくなった気がしたので、後で再確認する。

GEQとPEQ:

IMG_1434_サイズ変更IMG_1430_サイズ変更

メモリ名: 33-TW-1

(記: 10/13 4:13)

右150°の特性を再確認したところ、高域は出ているのだが、(当たり前だが)左右の低域の特性が結構違っていて好ましくないので、中央に戻した。

右150°:

M8-3 LR cmp

中央:

M7-3 LR cmp

もう、これ以上いい場所は無さそうなので、終わりかな?

(10/13 6:44)

 

IMG_1440_サイズ変更

兵どもが。。。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL