連動タップでサブディスプレイの電源が切れる時にスピーカーから雑音が出るのが嫌で、回避策を考えていた。まずは、PCに直接スピーカーを付けて失敗したのは、前のエントリに書いた通りである。

次に、PCにアンプ内蔵スピーカーを付けることを考えた。もちろん、買う前に、電源を切る時に雑音がしないか、メーカーに問い合わせた。2社の2製品について聞いたのだが、どちらも雑音がするとのことで、諦めた。まあ、千円前後の安い物だから、そんな上等な回路は入れられないとは思う。何しろ、10万円以上もするアンプですら、スイッチで切らないと雑音がするのだから。。。

それとほぼ同時に、楽器用のミキサーを使ってWindowsの音と音楽の音を混ぜて、音楽用のスピーカーから出すことも考えた。結構おもしろそうなので、いろいろ探した。最初はデジタルミキサーを探したのだが、値段が5万円以上と高いので、アナログミキサーにした。それなら2万円以下で買える(例えば、これがいいと思った)。ただ、アナログのせいか安いせいか、どれもノイズレベルが-80~-90dB台で、現在の約-110dBより劣化してしまう。

もちろん、-90dBだって聴こえることはないとは思うが、たかがWindowsの音(それも、時々しか出ないスケジュールのアラーム音)を出すためだけに、常々いい音を出そうと苦心している音楽の音を常に劣化させるのは全く馬鹿馬鹿しいので、止めた(仮に僕が楽器をやっていれば、ミキサーを入れる可能性は大いにあっただろう)。

ミキサー探しと並行して、ディスプレイのメーカーに雑音の件を聞いたところ、雑音が出るのは仕様だが、それが原因で故障することはないという回答を得た。

それで、結局のところ、現状のまま雑音を我慢あるいは無視することにした。本来は、Windowsのミキサーが音質を劣化させなければ、それを使って何の問題もないのであるが、今のところはそうでない(らしい)ので、仕方ない。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL