オーディオのセッティングをしていて思うのは、特性が素直な(山谷が少ない)音(僕の定義では「いい音」)は、馴染みがあることが多いということだ。そういう音は当たり前な印象を受けるので、新鮮味がない。逆に、聴いたことのない音が良く出るといった場合は、特性が悪い(山谷が多い)ことが多い。

ということは、長年好きな曲を聴いているうちに、その曲の「本来の音」を脳内で推定できているということなのかも知れない。ただ、低音に関しては別だ。僕はどうも、重低音が余り好きでないので、その音域は推定できていないだろう。今後は少しずつ低音を好きになって行きたい気もする。が、隣や下の部屋への音漏れに気を遣う必要があることや、定在波のために、本来の低音が出せないのが残念だ。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL