締め切りに追われているのか、電車や新幹線の中で仕事のプログラミングをする人が結構いるようだが、僕に言わせれば、そんなのはプロ意識のない連中がやることだ。そんなふうにして書いたプログラムなんて、バグの温床だ。

想像だが、そういうことをやる人というのは、学生の頃は、一夜漬けをしたり、「マズイ! 全然勉強してないよー」とか言って試験の直前に教科書やコピーしたノートをパラパラ見ていた人で、それでも結構点数が取れていたので、今も似たようなことをしているのではないだろうか。

僕は一夜漬けもパラパラ見もしたが、余り点が取れなかったので、電車の中でプログラムを作る気にはならない(笑)

  •   0
  •   1

4件のコメント

  1. JS:

    それは締め切りに追われているというより、周囲に対して「プログラミングが出来るんだぜー」というパフォーマンスをしているに過ぎないと思います。本当にモノになる仕事というのは、もっと厳しい環境から生まれてくると思いますね。

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●なるほど。いつになく厳しいご意見ですが、確かにそういう人もいると思います。

    > 厳しい環境から

    そうですね、僕も、モノになる仕事はチャラチャラしたところ(浮足立ったところ)からは生まれないと思います。が、今は浮足立った人が多いです。そして、結構そういう人たちの作った物が、一時にせよ当たったりするので、複雑な心境です。

    •   0
    •   0
  3. JS:

    ははは、確かに「いつになく厳しいご意見」でした。

    いやー、最近は不愉快なことが多くて、情緒不安定・八つ当たりの毎日ですw

    •   0
    •   0
  4. PiuLento:

    ●なるほど。「怒りの日」ですね。ここでよろしければ、八つ当たりもどうぞ。

    僕もそういう時、良く友人に八つ当たりしていました。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL