先日、オークションの落札者が入金を2週間延ばした挙句に、入金せずに無しのつぶてになった。最初に入金予定が1週間後と書いて来た時から怪しいとは思っていたのだが、評価が数百あったから信じていたのだ。が、後で評価を見てみると、こういう場合に付けられる「落札者都合のキャンセル」を何度もやっていた。どうやら、根っからのいい加減な奴だったらしい。欲しくなった物に次々と入札し、落札できても気が変わったら入金しないで放置するのだろう。入金延期の理由を「入院」とか書いて来たが、その間にも落札をしていたから、全くのでたらめだった。

ものすごくムカついたのだが、悪い評価を付けてコメントを書く以外にできることはないので、気を取り直して再度出品した(さすがに、2週間経っていたら、次点の人に買ってもらうのは無理と思った)。ところが、今回はアクセス数が伸びず、締め切り間際まで全然入札が無かったので、「あいつのおかげで大損だ」と恨んでいたのだが、最終的には前回より数千円高額で落札された。

世の中、何がどうなるか分からないものだ。

  •   1
  •   0

2件のコメント

  1. jaguarmen_99:

    偶然ですが私も昨今同じことがありました。久しぶりのオークションだったのでキャンセル半分で入札もありという世界観があるのかとがっかりしておりましたが…キャンセル後同じ品物をかなりマトモな方が急ぎ!ということで落札。最初の入札よりも相当な高値で落札していただけて、相手も慣れているのかちゃんとすぐに動作確認をしてくださった。こんなことってあるのか…と驚きました。これからって落札者を選んでも良い出品者優位な時代が来るのでしょうかね……。

    •   0
    •   1
  2. PiuLento:

    ●奇遇ですね。近頃は、いい加減な人が増えたのかも知れませんね。スマフォで簡単にできますから。。。

    お互い、高値がついて良かったですね。捨てる神あれば、拾う神ありですね。

    そう、出品者が落札者を選べるようになって欲しいと思います。今は、余りそういう機能がないですからね。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL