先月から発生している、時々オーディオに雑音が入る問題の原因を調べている。今までのところ、SSD(東芝 THNSNH256GCST)のプチフリとSouthbridge(Intel H67)の過熱が疑わしいと思っている。

SSDについては、システムドライブをHDDに移そうとしたのだが、MBRとGPTの違いがあるために一筋縄では行かないのと、HDDにすると起動が大変遅いことが分かったのと、HDDの方がSSDよりずっと遅いのだから、プチフリが起こりやすいような気もするので保留している。

次に、Southbridgeの過熱を疑い、今朝ケース内にファンを追加して、Southbridgeを冷却するようにしてみた。

IMG_2014_サイズ変更

下が追加したファン

ファンの冷却効果を知りたかったので、朝温度計(DRETEC O-215WT)を注文したら夕方に届いた(これもAmazonプライムのおかげだ)。約900円だった。早速、温度センサをSouthbridgeにテープで貼り、ファンの有無で温度を比べてみた。

IMG_2018-1_サイズ変更-1

赤丸内が温度センサ

IMG_2021_サイズ変更

測定結果は以下の通り。

起動後、約30分後の温度(負荷を掛けるため、途中でSSDにCrystal Disk Markを実行した):

  • ファンなし: 38.1℃ (室温28.1℃)
  • ファンあり(820rpm): 37.3℃ (室温28.1℃)
  • ファンあり(960rpm): 35.5℃ (室温28.1℃)

820rpmでは風が弱かったが、960rpmでは2.5℃程度の冷却効果があった。しかし、劇的に温度が下がった訳ではなく、ちょっと期待外れだ。それに、40℃程度なら定格上は全く問題ないはずなので、Southbridgeの温度はオーディオの雑音には関係ないという結論となった。

ただ、どうしても温度への疑いが晴れないので、ファンを止めて、雑音が起こった時の温度を調べることにした。

PS. ところで、この温度計、なんで電源スイッチがないのだろう?? (6/3 5:46)

PS2. 不思議なことに、ケースファンの回転数を下げた方がSouthbridgeの温度が下がることに気付いた。1℃近く下がる。昔もCPUの温度で似たようなことがあった気がするが、熱は未知の世界だ。(6/3 6:17)

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL