SSDのプチフリによると思われる雑音対策に、Windowsの起動ディスクをSSDからHDDに換えてみようとして、AOMEI Partition Assistant Pro.(約6000円)を買おうかと思いつつも、結構高いので散々迷っていたのだが、偶然、クーポンで20-30%割引きされることを知った。更にもっと安いクーポンを検索していたら、Daily Software Giveawayというサイトで無料で入手できることが分かった。

無料入手版の合法性やマルウェアについて若干の疑問はあったが、とりあえずダウンロードしてみると、ウイルスなどは入ってなくて署名が正しそうだったので、(合法性には疑問があるものの、)試してみることにした。

IMG_2024_サイズ変更

結果は失敗だった。ソフト自体は正常に動いていた(ように見えた)のだが、HDDに移したWindowsは起動しなかった。

IMG_2025_サイズ変更

HDDのパーティション構成を見てみると、EFIのパーティションはあるものの、MSR(Microsoftの予約領域)はなかった。その辺に問題があるのではないだろうか。おそらく、MBRからGPTにOSを移すことには対応していないのではないか。

まあ、無料で試せたのだし、元のWindowsも壊れなかったのだから、良しとするか。でも、他のソフト(Easeus)も試してみたくなった。。。

PS. おそらく、Easeusでも無理だろう。というのは、GPTのディスクから起動するにはEFI用のブートローダが要るのだが、単なる「OSの移動」ではそれはどこからも得られないからだ。Easeus製のブートローダを使うとか、コピー時にコピー元のWindowsからコピーすれば可能だが、それはまずないだろう。という訳で、もう一度DVDからインストールしてみようか? でも、近頃は余り雑音が出ないので、保留しようか。(9:49)

再度WindowsをDVDからインストールしてみた。今度はインストールできた。失敗していた理由は、最初からHDDをATA-6Gにつないでいたからのようだ。3Gにつないでみたら、インストールは終了した。が、どういう訳か、そのHDDに対してBIOSの"Boot override"を指定しないと、起動できない(電源ONしただけでは、上の画面になってしまう)。インストール後に現在のシステムをコピーしたせいだろうか。更に、起動がSSDの10倍くらい遅い。さすがに疲れたので、SSDで我慢することにした。(17:04)

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL