先日より一部の機能(リンクをフォアグラウンドのタブで開く)がうまく動かなくなったFirefoxのアドオン、Tab Mix Plus (TMP)を使うのを止めて、別なもので代替することができた。

調べてみると、Firefox自体でできるようになった機能がある。「リンクをフォアグラウンドのタブで開く」は、常にその動作になってしまうが、Firefoxの設定でできる。セッションマネージャの機能だって、簡易ではあるがFirefoxにある。

その他の機能は、概ねSuper Tab Modeで代替できた。具体的には、タブをダブルクリックで閉じる、検索結果を新しいタブで開く、最近閉じたタブを再度開く機能である。

Super Tab Modeで代替できない、タブの閉じるボタンを消す機能は、tabs closebutton restoredとTab Controlの組み合わせでできた。

TMPはバグが多いなどの苦情が多いようなので、時々Firefoxが勝手に再起動していることがあったのも、これのせいではないだろうかと訝っている。

TMPとは別に、ツリー型タブも止めた。機能に不満はなかったのだが、僕はタブ一覧をウインドウの左側に置きたいだけなので、ツリー型タブはオーバースペックだった。ツリーにする必要が全くなかったのだ。代わりに、とてもシンプルなVirtical Tabsで代替できた。

PS. 今日も、最後に偉そうな言葉を書いてみる。「慣れた日常を疑うことも、時には必要だ」なんてね。(20:42)

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL