先日、古いアンプを処分してDACを仕舞ったので、本棚がほぼ半分空いた。一方、CD・DVDのプラケースは捨ててファイルに格納しているので、CD・DVDラックもほぼ半分空いている。

そこで、またまた余計な考えが頭に浮かんできた。「CD・DVDラックを無くせないだろうか?」と。頭の中で見積もると、ギリギリ入りそうだが本棚に余裕がなくなりそうだ。そして、上の段にCDやDVDを仕舞うことになるので、何となく不安定な気もする。

でも、毎度のごとく、物減らし(=空間作り)からは言いようのない快感を得られるので、そのうちにやりそうな気がする。さて、どうなるか。

思い付いたらすぐに試したくなる性質なので、早速やってみたら、意外にすんなりとできた。

予想どおり本棚はほぼ満載になったが、机の左側がすっぽり空いたので、いいのではないか。誤算は、CDボックス類が意外に多くて1段に収まらなかったことと、CD・DVDラックに置いている、外気温が測れる温度計のケーブルが短く、これ以上机側に動かせないことだった。おいおい温度計を何とかして、ラックを撤去しよう。(10/3 8:03)

温度計を何とかした。別の小さい棚に載せて、CD・DVDラックを寝室に移動した。この配置が気に入ったら処分しようか。

IMG_2325-1_サイズ変更

(10/3 8:17)

  •   0
  •   2

4件のコメント

  1. naoki:

    この動きの早さと言ったら!

    どんどんシンプルになっていくのを見ると,こちらまで気持ち良くなります。

    私もちょっと片付けよう。

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●ありがとうございます! 「シンプル中毒」かも知れません^^

    あとは、掃除を厭わないようになれば、完璧なんですがw

    •   0
    •   0
  3. レオ:

    私もどんどんシンプルに突っ走ってます^^;
    部屋がすっきりする快感・・・でも処分してしまったものへの未練ってのも残ってるんですよねぇーー;

    •   0
    •   0
  4. PiuLento:

    ●おお、そうでしたか。シンプルはいいですよねー。

    そう、気に入っていたものを処分する時などは、結構迷いますね。。。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL