どうしてか、車に高齢運転者マークを付けない人が居る。実は母もそうだ。先日の出張中にコンビニでそういう人を見たので、Kさんに聞いたら、義務ではないようだ。

正直言って、迷惑である。まあ、マークがあってもなくても高齢者の運転はこちらにしてみれば迷惑なことがあるから、付けても付けなくても同じことだが、周りからすれば、それと分かるようにして欲しい。

付けない気持ちは本人にしか分からないが、おそらく、意地や見栄(「自分はまだ若い」、「まだうまく走れる」)や「馬鹿にされたくない」とかなのではないかと思う。そういう人たちは、今までそういう生き方や経験をして来たので、今更考えが改まることはないだろう。

僕は、本当にそうするかは分からないが、その歳になったら、義務でなくても付けるつもりでいる。馬鹿にされることもあるだろうが、危なそうだと思って間隔を空けてもらったり、少しくらい遅かったりヘマをしたりしても見逃してもらえそうだからだ(実際、僕はそうしている。確かにイライラはするが、「老人なら仕方ない」と諦める)。そもそも、今でさえ不注意などで時々危ない目に遭うのだから、歳を取ってからなら猶更で、若い人たちと同じように走れる自信はない。

  •   2
  •   3

コメントを書く

名前    

メール 

URL