僕は技術者だが、逆説的なことを書く。使う技術なんて何でもいい。最先端じゃなくたっていい。重要なのは、「ユーザーがやりたいことができるか」だ。

これは何にでも言えるのだが、ここでは車について書く。

例えば、「スポーティな車ではFRでないと駄目だ」という風潮があるが、おかしいと思う。FRは必要条件ではないと思う。自分が思うように走って曲がれればいいじゃないか。みんながドリフトしたい訳じゃないだろうし。それに、今はFRよりFFの方が速いというではないか(速さだけが重要ではないけれど、FRに乗りたい人は速さを求めているのだろうから※)。

だから、トヨタの軽量FRコンセプトモデル(S-FR)なんて、(ちょっと気になるけど、)目じゃない。まあ、例の"86"を出したトヨタじゃ、これも結局は駄目でしょう。

重要なのは、実際に乗って楽しいかを判断することだ。目をひく技術やカタログスペックや提灯記事で車を選んではいけない(ただ、値段は重要)。

※その「速さ」にしたって、サーキットで走るんじゃないんだから、事故を起こしたり免許を失わないように、自制して走る必要があるのだから、絶対的な最高速度は意味がない。やっぱり、「おもしろさ」じゃないだろうか。

(10/15 0:29 S-FRの評論へのリンクを追加)

  •   0
  •   2

コメントを書く

名前    

メール 

URL