昨日くらいから、Firefoxは一旦止めて、(ベータ候補版になった)Vivaldiを試している。不足している機能はあるものの、それには慣れて来たし、素性は悪くない感じだ。だが、似たような機能で違いが分からない2種類のボタンがあることに気付いた。

vivaldi-20151026

表示するページを戻ったり進んだりするボタンが、2個ずつあるのだ。"<"と"|<"、および、">"と">|"だ。戻る方のそれぞれにマウスオーバーすると、左の方は「戻る」、右の方は「巻き戻し」と出る。

はて? 「巻き戻し」は、そのタブに一番最初に表示したページに戻るのだろうか。そうだとして、そもそも、最初のページなんて覚えている人は居るのか?

そんな使いそうもない機能よりは、他のブラウザのように、ボタンを右クリックしたら、戻る各レベルのページのタイトルを表示するようにして欲しい(今は1レベルしか戻れない)。まあ、そのうち対応するんだろうけれど。

PS. FirefoxとVivaldiの素性の良さの比較: 僕が普通に使うのに入れているアドオンの数:

  • Firefox: 12
  • Vivaldi: 6

それぞれだけにしかないものはあるものの、Firefoxはどう考えても、デフォルト状態では「使えない」。そして、12個のうち3個が非署名なので、いずれ本当に使えなくなってしまうのだ。

PS2. 今、追加して欲しい機能:

  • 複数タブをグループ化して管理 (タブスタッキングの改良)
  • 検索結果を新しいタブで表示する。
  • 戻る・進むを複数レベル対応に。

これだけだ。

(10/27 6時)

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL