iPhoneのGPSロガーアプリ、会社での比較ではLogLocationsが良かったのだが、実際にドライブしてみて一番良い物を選ぶことにした。候補はLogLocationsとSpottizmo!だ。ただ、どうしてか「僕の来た道」も気になっていたので、それを加えた3つを試した。

そのため、一辺が約90分(約60km)の3角形で走ることにした。本来は、1つに2時間くらい掛けた方が精度が出るのだが、疲れるので90分にした。頂点の一つは自宅として、Googleマップで他の2点を探したところ、渡良瀬遊水地とつくばが丁度良い感じだった。本当は山に行きたかったのだが、携帯やGPSの電波状況が均質でなくなりそうなので、今回は止めた。

各頂点をスタートする前と到着時に、時刻と電池残量を記録した。また、以下の順にアプリを切り替えた。()内は実測の距離と所要時間である(1つ90分の予定だったが、休憩などが入ったため、2時間前後になった)。

  1. 自宅 → 渡良瀬遊水地 (約56km, 約2.4時間): LogLocations
  2. 渡良瀬遊水地 → つくば (約55km, 約1.9時間): Spottizmo!
  3. つくば → 自宅 (約75km, 約3.2時間): 僕の来た道

それぞれのアプリの「モバイルデータ通信」はoffにし、移動中に地図や地名を取得したりして消費電力を増やさないようにした。

以下に、それぞれの電力消費率と推定使用可能時間を書く。また、電力消費のグラフも載せる。

  • LogLocations: 2.9%/時、35時間
  • Spottizmo!: 2.7%/時、37時間
  • 僕の来た道: 4.7%/時、21時間

放電特性-GPS-ドライブ-1

僕の来た道なんて、試しただけ無駄だった! そもそも、事前の調査で駄目なことが分かっていたのに、どうして候補にしたのだろうかと、今になって思う。Yahoo!製だから期待したのか。全く情けない。

消費電力ではLogLocationsとSpottizmo!が同等だった。推定使用可能時間は、どちらも40時間未満となって、実際の使用時の電池切れが心配だが、12時間ですら連続して走ることはまずない(もうそんな体力はない)から、まあ大丈夫だろう。それに、Lightningケーブルも用意してある。ただ、電車移動などで長時間外に居ることがあるが、それでも12時間以上も移動する(海外旅行?)ってのは余り考えたくないから、良しとする。

次に、それぞれのアプリでの経路表示も比較した。

どれもしょぼいが、LogLocationsが好みだ。ただ、GPXファイルをエクスポートすれば、MapPathというアプリで綺麗に表示できることが分かっているので、地図表示は余り重要でない。

使い勝手も比較した。すると、以下のことが分かった。

  • LogLocations: GPXのエクスポートはメールだけで、ちょっと面倒。また、速度などの情報は入ってない。
  • Spottizmo!: GPXを直接MapPathにエクスポートして地図表示可能。速度などの情報も入っている。
  • 僕の来た道: そもそも、GPXをエクスポートすることができない。。。

またしても、僕の(以下略)にはやられた。どうしてこうも出来損ないなのだ!!

以上の結果から、今後はSpottizmo!を使うことにした。経路はGPXをエクスポートして、MapPathで表示することにする。

ただ、Spottizmo!は記録した地点数が11点と少ないのが気になったので、次回はしきい値を10mにして試してみる(今回は100mだった)。

Spottizmo!のしきい値を10mにして通勤の往復で試したのだが、地点数がたった5点でがっかりした。もちろん、会社まで25mしかないということはない。前回は8点だったので、このアプリは信用できないと考えて、LogLocationsを使うことに決めた。(12/1 20:10)

以下、MapPathとGMapToolsと僕の来た道(Evernote)で表示した経路。

※その後、GMapToolsというアプリで複数のGPXを同じ地図に表示できることが分かったので、やってみた。こちらはスタートとゴールが分からないのと、広告が出るのが欠点だ。また、僕の来た道はEvernoteに経路画像がエクスポートできるので、それも載せた。(11/30 6:49)

(ドライブ自体の話や写真は、追って投稿する予定)

  •   0
  •   1

コメントを書く / Write a comment

名前 / Name    

メール / Mail 

URL