ここ数日、会社でイライラしたり忙しかったりで、ブログを書けなかった。それでも、GPSロガーアプリの評価は続けていた。

前回は、一旦LogLocationsに決めたのだが、記録終了後に消費電力が増える問題が見つかったので却下した。それで、以下のアプリを評価した。主な評価ポイントは、消費電力と記録された経路の忠実さだ。

  • myTracks (通常モード)
  • Spottizmo! (精度 100m)
  • myTracks (ダイアリーモード)
  • Geotag Photos Pro 2

myTracks (通常モード, 精度100m, 5分間隔)は、静止時に消費電力が6%/時と大きいので、却下した。

Spottizmo! (精度 100m)は、相変わらず記録点数が少なくて、全く話にならなかった。一体どういう趣旨のアプリなのだろうか。良くお金を取れるものだと思う。

myTracks (ダイアリーモード)は、会社での消費電力はLogLocations並みに少ない(1.7%/時)のだが、経路が良くない。ある程度の時間留まった地点だけを記録しているようで、信号間が直線でつながってしまう。それでもまあ、LogLocationsと五十歩百歩だったのだが、 地図(OpenStreetMaps)の文字が小さくて、ブログに貼った時にどこなのか分からないので、却下した。

Geotag Photos Pro 2は、経路はmyTracksのダイアリーモードと変わらない感じなのに、消費電力は会社で2.7%/時とかなり大きいので、却下した。

候補がなくなってしまったので、LogLocationsの記録終了後に消費電力が増えない方法を模索したところ、記録終了後にLogLocationsを終了すれば、問題なくなることが分かった。更に、LogLocationsの位置情報へのアクセス許可をoffにするのも有効かも知れないが、未確認だ。(← 効果があった。: 12/21 19:34)

結局、LogLocationsに決めた。若干問題があるものの、低消費電力と経路の(ある程度の)忠実さを兼ね備えるという点では、これに勝るものはないのではないだろうか。長い道のりだった。。。

最後に、線が多くて見にくいが、今までに試した主なアプリの電力消費のグラフを載せる。主に会社(通勤と静止状態)で評価した。縦軸が正規化した電池残量(%)、横軸は経過時間である。LogLocationsの消費電力の低さには、本当に感心する。

放電特性-会社

※LogLocationsに決定後、「コンパスの調整」と「位置情報に基づく通知」をoffにした。おそらく使われていないためだ。最終的に、onにしているシステムサービスは、「iPhoneを探す」、「Wi-Fiネットワーク」、「携帯電話通信網検索」だ。

(12/17 7:13 加筆・修正)

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL