昨夜、芥川賞を受賞した本谷有希子を、昔劇を観て凄さに惹かれた俳優かなと思ったのだが、年代的にあり得ないと思っていた。その名前を今朝思い出した。南谷朝子だ。「谷」だけが同じだった。今も現役だが、シンガーソングライターを中心にやっているようだし、雰囲気も昔とは違っていたので、ちょっと残念だった。

そりゃあそうだ。劇を観たのは1990年代前半で、今から20年以上も前なのだから。彼女を最初に観たのは「ハムレット」(グローブ座カンパニー, ストルマーレ演出, 1995年)で、最後にノルウェーだかの王子フォーティンブラス※役でちょっと登場しただけなのだが、その印象が強烈だった。

hamlet-1995-1

※記憶ではノルウェーだかの王子だったのだが、パンフレットを調べたら、フォーティンブラスだった。でも、やっぱり違う気がする。。。→ 分かった! 「ノルウェーの王子=フォーティンブラス」だったのだ。一件落着。

ニュースで本谷有希子の言動を読んで、かなりぶっ飛んでいるのとストイックそうなので、興味が湧いたのだが、今から彼女の劇を観に行っても超満員だろうし(そもそも観に行くのが物理的に大変だ)、受賞作を買うのだって今更な感がある。そして、どちらも人の目にはミーハーに写る。それがちょっと癪だ。

PS. とは言え、別に本屋で買う訳じゃないんだから、受賞作を買うのは恥ずかしくないな。近頃新しいことに飢えていたので、いいかも知れない。問題は、すぐには手に入らないかも知れないことだ。ああ、でも、本当は、本を読むより、久し振りに凄い劇が観たい気分だ! (20:25)

PS2. ちょっと調べたら、「グローブ座カンパニー」はWikipediaに載ってないし、足繁く通った東京(パナソニック)グローブ座はジャニーズの運営になってるし、浦島太郎状態w でも、グローブ座カンパニーの座長をしていた上杉祥三は今もかなり活躍しているようなので、すごい人だったということが分かった。(21:33)

(20:38,41,21:18 一部訂正・加筆、画像追加)

  •   0
  •   2

コメントを書く

名前    

メール 

URL