去年の年末から格闘していた、iPhoneとCalDAVサーバーの相性問題が決着した。

前回は訳が分からなくなったのだが、その後、怠け者のCalDAVサーバーOを使うと、なぜか、PCから入れた予定がiPhoneに反映されない問題が起こった。以前は大丈夫だった気がするのだが、駄目になってしまった。

それで、動作は問題ないが電気を食うCalDAVサーバーBに切り替えて、10日間くらい様子をみた。すると、Oのような問題は起こらず、たまに消費電力が多目なことがある程度だったので、こちらを使うことにした。

また、iPhoneのカレンダーアプリを標準アプリにして、デフォルトの通知時刻を設定すると、CalDAVの非通知の予定が通知されてしまうので、カレンダーアプリはFantastical 2を使うことにした。

iOSのCalDAVの実装は、結構いい加減なのではないだろうか??

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL