「日本がUSに入るのはどうなのか」と、(飲み屋でなく)国会で言った議員が居たが、全く話にならない。

発言の意図は、集団的自衛権や日米安保条約の憲法上の問題を収めるためとか、国内の諸問題を解決するためとかのようだが、本末転倒もいいところだ。「頭痛を治すために頭を取り除く」という類だ。彼らは国(民)のための議員なのに、国をなくすことを提案するというのは、全くありえない。職務放棄だ。

この発言は、同じ人が同じ時にした黒人奴隷発言と違って、国会内では余り問題になっていないようだが、そういうところにもがっかりした。

  •   2
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL