久しぶりにドライブをした。今回は、少し前に地図で見た、つくば市の「豊郷ゆかりの森」に行ってから、筑波山を軽く走って帰って来ることにした。

朝8時頃出た。昨日の雨のせいか、しばらく霧が出ていた。道は空いていて気持ち良かった。9時頃、道の駅しもつまで小休止したのだが、隣のS660のオヤジ(といっても僕と同年代か)が車の横で煙草を吸っていたので、車内まで臭くなってしまった。携帯灰皿を持っているだけまともだが、喫煙所があるんだから、そこで吸って欲しい。

9:40頃、豊郷ゆかりの森に着いた。が、とてもしょぼい。山奥ではないのに、道路は細く、駐車場は舗装されてなくて泥になっていて、案内板を見てもトイレの場所がはっきりせず、不親切だった。少しうろうろしたが、トイレの場所が全く分からない(マークが全くなかった)ので、速攻で筑波山へ行くことにした。

パープルラインという道で登ろうと、あらかじめ地図で調べた「茨城県立中央青年の家」に向かったのだが、青年の家から先が細いダートになっていた。。。ナビで見ると、パープルライン(らしき道)まで数百mなので、途中まで頑張ったのだが、砂利すらなくなって土(泥)の道になっていたので、立ち往生するのが嫌で諦めた。11時頃だった。

(補足: この地図を見たら、誰だって、パープルライン(県道236号)へは青年の家の前を通って行くと思うでしょう。ところが、ストリートビューを見ると愕然とします。実際には、その西の大志戸の辺りで東に曲がって、ホテルいやしの里の横から入るのです。最初に見ておけば良かったです。。。)

引き返して、本来のパープルラインの入口に向かったのだが、トンネルが出来ていて、入口(の下)を通過してしまった。。。トンネルを抜けたところに、筑波山方面(=パープルライン?)に行ける道があったのだが、途中からとても細くなっていたので、引き返した。この迷走は、経路図の下側右端辺りの、線がぐちゃぐちゃになっている所だ。

「もう帰るか」と諦め気分で引き返して、さっきのトンネルを抜けたら、なんと標識があって、ようやく本当のパープルラインの入口に行けた。暴走族対策で、入ってしばらくはカーブに凸凹が付いていたので、「仕方ないな」と思った。が、そのうちになくなったので、まあ気分良く走れた。前にプジョーのカブリオレが居たので、「まあ」が適当だ。それでも、3速でエンジンを軽快に回せたので、それなりに楽しかった。もちろん、煽ったり追い越したりはしなかった。

そのうちに、後ろにロードスターらしい車が2台連なった。対向車線には、「すごい車」が何台か、すごい音とスピードで走って来た。そんなに空いてないのに、楽しかっただろうか。

「パープルライン」というのは、道路に掘られた溝でディープパープルの"Highway star"が流れるのにちなんでいる。なんてことは全くないし、「パープルタウン」が流れてくる訳でもないw 僕も由来を知りたい。

筑波山中腹の交差点で石岡方面に曲がるつもりだったのだが、北の方に行く道に入ってしまった。あそこは複雑で良く分からない。5叉路になっているのだろうか。間違って入った道は、学生の頃バイクで何度か走った事があるのだが、狭くてカーブがきつい。しかも、Uターン禁止なので引き返せなかった。

帰路は日射しが強くて暑くなったので、冷房を入れた。風も強かった。途中の踏み切りを渡ったら、少し離れた所にパトカーが居た。よくある作り物だと思ったが、本物で中に人が居た。今日に限って、「一時停止は面倒だなあ。こんな田舎なんだから、どうせ来ないよ」と思ったのだが、ちゃんと停まって良かった。休憩したコンビニで車を見たら、ダートではスピードを落としていたのだが、やっぱり少し汚れていた。。。まあ、春までは我慢だ。

13:45頃帰宅した。昨日と違って、室内はとても爽やかだった。17.9℃(外: 15.5℃)。いろいろ思わぬことがあったが、(概ね)空いた道をのん気に走るのは気分が良かった。それから、高速を使わなかったので、ほとんど眠くならなかった。

182km、約6時間
IXY Digital 3000IS, iPhone 6s(案内板)で撮影

PS. 今回はMovesで経路を記録した。PCでもGPX(経路データ)を取得できることが分かって便利なのだが、電池消費率が5.4%/hで結構大きい。次回はRyoteiを試してみよう。

  •   0
  •   2

2件のコメント

  1. j:

    パープルタウンなつかしいなあw

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●たまに聴きたくなる。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL