一昨日届いたCD(オンデマンド製造とのことで、実際にはCD-R)。Amazonでは発行は"2015"と書いてあったので、最新盤かと思っていたのだが、実際には2006年だった。CD-Rでの再発が去年なのだろう。まあ、いずれにしても、彼(ドミンゲス)のアルバムは何でも聴きたいので、古くたって構わない。

聴いてみたら、まあ、いつもの彼らしいギターと、初めて聞くマホ・ランソンの歌で、全く違和感がない「ラテン音楽」で良かった。ちなみに、彼のギターのアルバムは、これで17枚、延べ261曲だ。なかなかすごいライブラリだ。

PS. 相変わらず、タイトルも曲名も全く意味が分からないし、調べる気もないが、これでいいのだ。

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL