時々、アン・プラグドという演奏形態が取り上げられる(クラシックは全部そうだが)。そこから連想して、これからの社会は、「アン・コネクテッド」かなあと、思った。きっと、今までにもこういう意見を言う人は居ただろうけど、僕もそう思う。

昔に戻って、ネットをなるべく使わずに生きる、そこまで行かなくても、何かをする時に、なるべくネットを使わないようにするのだ。

例えば、見積もりや予約は電話・ファクスを使うとか、メールじゃなくて手紙にするとか、通販じゃなくて本物のお店で買うとか、ストリートビューなんて使わず、自分で見に行くとかだ。

そうすることで、人間本来の良さが再発見できそうではないか。あと、今のギスギスした世の中が、少しはマイルドになるかも知れない(まあ、ありきたりの考えという気はするが)。でも、あと数十年経ったら、「まだネットなんて使ってるの?」なんて言われるかも知れない。

今の僕にはとても無理だけど、将来は分からない(かも知れない)。

 

PS. ビールを飲みながらラフマニノフのピアノ協奏曲(3番)を聴いていたせいなのか、「ネット・計算機命」の僕がこんなことを書いたのは、自分でも意外だ。勝手に指が動いたようだw

  •   1
  •   1

2件のコメント

  1. Phedre:

    ストリートビューでどこでも行けて、TVの旅行番組も美しい映像ばかり。別に現地に行かなくても~って人もいる、と聞きますが、どうなんでしょうね?
    私の場合は、ストビューのおかげで全く知らない場所に降り立つ醍醐味は減ったけれど、海外で一人で移動することもあるので安心感は増えました。
    このホテル安いけど何でかな?ってストビューで見ると、いかにも治安悪そうな通りだったりとか、そんな時はありがたいですねー

    旅先にタブレット持って行ったら勿論便利だけど、無い方がゆったり過ごせる事もあるなあ・・・って最近思います。

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●へえ、そんな方が居るとは、何とももったいないですね。旅行は、やっぱり自分で行かないとと思います。

    そして、Phedreさんのストリートビューの使い方は、なるほどと思いました。安全は一番重要ですからね。昔(やアン・コネクテッド)でしたら、本とか行った人の話を参考にするんでしょうけど、変化の激しい場所もあるし、マイナーな場所の情報はないので、その点は随分便利ですね。

    僕は、たまに、山道の道幅を調べるのにストリートビューを使っているのですが、半々くらいで外れる(調べていないところが細かった)場合があります^^

    タブレットは便利かも知れませんが、途端に荷物が増えそうなので、僕はスマフォまでしか持って行かないと思います。

    •   1
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL