i-modeは、今となっては、すっかり「前世紀の遺物」になってしまった。一時はすごい勢いで、誰でも使っていたものだが、今では「なければ良かった」とさえ言われている。そういう評(ネットのものだが)を読むたびに、僕は、(自分の)技術的センスは悪くなかったと、再確認する(ISDNでもADSLでもそうだった)。

僕は、i-modeに関連する仕事をしていたことがあったのだが、最初に仕様を見た時、「ドコモは何でこんなクソみたいに面倒なことをする(させる)のか?」と思った。だって、素直にTCP/IPという出来上がっている標準を使えばいいのに、わざわざ劣化した規格を(知ったかぶりして)でっち上げて、お抱えのメーカーに作らせていたのだから。

当時は、ドコモの連中(有名だった女の人ではなくて、技術屋)が、「自分たちの規格」を作りたかったのだろうと想像していた(大企業だとそういうことは多い。金に物を言わせる自己満足の極みだ)。もちろん、当時の携帯電話にTCP/IPはハードルが高かったのは確かだが、不可能ではなかったと思う。ちゃんと調べないといけないが、その前後に、海外の携帯(Nokia?)でTCP/IPが使えるものがあったのではなかったか?

そんな(独りよがりな)独自規格を押し付けるドコモのせいで、知ってのとおり、日本の携帯は(通信方式だけが原因ではないが)「ガラケー」と呼ばれるようになり、世界から取り残されてしまい、無事、iPhoneに市場を奪われてしまった。

調べたら、i-modeの対抗だったのかは分からないが、同時期に、海外では、WAP (1.x)という、i-modeと同じ用途の規格があった(僕は、これもしょうもないと思っていて、i-modeの代わりになるとは思っていなかったのだが、すぐに廃れたので、すっかり忘れていた)。という訳で、ドコモだけが悪者ではなかったようだ。

だから、あの時、ドコモもWAP陣営も、「普通」にTCP/IP(および、その上位層の各種規格)を使う方向に頑張れば良かったのにと思う。誤った「いいアイデア」は、国すら滅ぼす。

 

PS. もちろん、仕事だったので、当時、嫌々ながらも与えられた仕事をし、そのおかげでいろいろな経験を積めて、お金ももらえた。でも、それは局所的なことであって、大局的に見れば、間違った方向だったと思う。仮に、当時の携帯にTCP/IPを載せる仕事が来たなら、最初は「無理です!!」と言い、ものすごく苦しみながらも、やっぱりやって、結局いろいろな経験を積めただろうから、個人のレベルでは同じことだったと思う。

PS2. 他に、最初から筋が悪いと思っていた技術は、IPv6だ。まるで石油のように、「IPアドレスが枯渇する」と言わ続けて数十年(25年?)。今になってようやく、使われ出しそうな気配ではあるが、問題がいろいろ見つかっているようだ。しかも、「無限に使える」と言われていたIPv6のアドレスも、やっぱり有限だと認識されて来たようだ(僕は、最初から、無駄が多いから無限は眉唾だと思っていた)。果たしてどうなるか。

個人的には、まずは、(インターネットの初期から携わっていた企業などに)無駄に広く割り当てられている(→ 参考)アドレスを回収して再配分するとか、一旦全部の割り当てをなしにして、全部を動的に割り当てる方式を作る程度でいいと思うのだが、こういうところにも利権があるのかも知れない・・・

「(アドレスは)有限」という言葉から、仮想通貨のビットコインを思い出した。先日知ったのだが、ビットコインも総量は有限で、新たに生み出すには、「マイニング」(簡単に言えば、みんなで集計すること。これについても、僕は泥臭くてイマイチだと思っている)をしなければならないとのことで、今、一部で盛り上がっている(例: グラボを多数挿したPC)ようだ。

仮想通貨と違って、IPアドレスは新たに「生産」することはできないが、マイニングみたいなことをIPアドレスでも実施すれば(例: 確実に休眠しているアドレスを発見して、通報する)、みんなハッピーになれるかも知れない?? いや、それは、単に、アドレスの追い剥ぎなのか?w

余談: 更に検索していたら、(IPv4アドレスは、各桁で)0から255までしか使ってないから駄目だという要旨のtweetを見て、笑った後でなるほどと思った。可変長アドレスのクラスや方式(クラスVとかIPvV?)を作ればいいではないか! その区別に使うためのブロックは、どこか(例: ソフバンw)から召し上げるのだ。今の技術なら、きっと対応可能だろう(本当? → 可変長の番号付けは、古き良き電話ですら、大昔からやっているのだから、不可能ではないように思う)。

(なんか、こっちの方が本文よりおもしろくなったなw)

PS3. また繰り言になるが、IPv6で思い出した。今から20年近く前だったか、昔の会社で、IPv6対応をどうするかの打ち合わせで、僕は既存のIPv4の資産を生かした案(v4をv6に変換する仕組みを追加する方式だったか。要は手軽にお茶を濁す案)を提案したのだが、応答は「・・・」で聞き入れてもらえず、「ちゃんとした」IPv6対応をすることになってしまった。まあ、上位層の意思を忖度したのか、最初からそういう方向に決まっていたのだろう。

それから別の人たちが頑張ってIPv6対応したのだが、結局は、(今でようやく10%台という状況を見ても分かるように)全然普及せず、無駄な労力だった。やっぱり僕が正しかったのだ。技術者としてはIPv6をやる方が正しかったのだろうが、トータルで見れば間違いだった。

その決定のために、僕の担当していたIPv4製品は過去の物になってしまい、すごくやる気を削がれた。おまけに、その「別の人たち」は、「v6最高!」とかいう意識高そうな言動や、既存の製品との互換性などを無視して好き勝手に作っていたので大変ムカついたものだが、今はどういう顔で何をしているのか、ちょっと見てみたい。やっぱり、自宅でもv6を使っているのだろうか?w

大学の友人Nもv6信奉者で、当時、「v6じゃないと駄目なんだ」とか言っていたが、随分先の話をしていたようだなw

(23:44)

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL