昨夜、実家のテレビを消した後、音楽を聴いた。実際には、選んでいる時間が長かったが。

モーツァルトも捨て難かったが、気分的なものから、ラフマニノフのピアノ協奏曲で検索した。今回は、iPhoneアプリのEvermusicとAnzuTubeを試した。最初にもう一つ試したのだが、良くなかったのですぐに削除した。

いろいろな人のを、イントロクイズのように選びまくった結果、まず、グラフマン(Gary Graffman)とバーンシュタインによる第2番(1964)を聴いた。グラフマンは初めてだが、大分昔の人のようだ(調べたら、すごい方のようだ)。

全体的にはいいのだが、第2楽章前半の音がぼろぼろ(「滑らかでない」の意)していた。オケ(ピチカート)もそうだった(今考えれば、ピチカートは本質的にぼろぼろすると思うのだが、何かが良くなかったようだ)。当時の奏法なのだろうか。第3楽章は結構良かったのだが、中盤の特徴的なアルペジオの広がりとかゆったり感(表現が難しい)が物足りない感じだった。あと、音の出し方がわずかに乱暴なところがあった。

ところで、田舎で電波が弱いせいか、アプリのせいか、電池の減りが激しく、第1楽章の途中で、残りが36%になってしまった。どうも、Evermusicをバックグラウンドで動かすと駄目なようで、見ているうちに減っていく。ところが、もしやと思って再起動したら残量が増えたので、iPhoneの残量表示が何かおかしい感じだ。AnzuTubeも試したのだが、電波が弱いせいか、再生が始まらなかったので、諦めた。

そして、あいにく、昨日は充電器を持って行くのを忘れてしまったので、電池に気を遣いながら聴く羽目になってしまった。せっかく、プロバイダの契約を月間定量制に変更したというのに・・・

次に、ジャニス(Byron Janis)とミュンシュによる第3番(1957)を聴いたが、見事だった。「すごい!」と思った。こちらも知らなかった方で、大分昔の人のようだ(調べたら、すごい経歴だ)。時代のせいなのか、スピードがすごく速い。それなのに、カデンツァのような速い(音符がすごく細かい)パッセージを難なく(もちろんミスもなく)弾きこなしていた。

今、続きを聴いているのだが、第2楽章の終わり辺りなどが少し派手過ぎる気がする。元々派手なところではあるが、やり過ぎな気がした。この辺りは、音を(気持良く)出しっ放しにしているという印象も受けた。オケも派手なので、指揮者のやり方なのかも知れない。

最後まで聴くと、やっぱりすごいと思う。終わりの頃なんて、オケと相まって「すさまじい」という印象さえ受ける。ワイセンベルクに近い感じだ。昨夜の二人では、こちらが好みだ。

リコメンドされた、彼の第2番(1960)も、イントロからすごいのに、オケが入ったら更にぐっと来る。ドラティの指揮で弾くなんて、昔はまったくすごいメンバーだったものだ。

が、悲しいことに、電池の減りも速くて、第1楽章が終わる頃には残りが23%になり、疲れのせいか頭痛もしたので、諦めて寝た。

ちなみに、昨夜のデータ使用量は、1.3曲(約45分)で250MBだった。その時は、「これなら大丈夫そうだ」と思ったが、実際には、ブラウザや純正アプリで聴いた時と変わらないのかも知れない。あとで比較してみたい。

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL