前の週末から試している音楽配信サービス。前の投稿に書いたように、最初は(ふと頭に名前が浮かんだ)Spotifyを試したのだが、今はGoogle play music(以下、GPM)が有力になっている(もちろん、Apple musicはない。Linuxで使えない時点で全く論外だ)。それで、今までに気付いた、メリット・デメリット・問題点を挙げる。

メリット
  1. 聴きたい曲(演奏)が、いつでもすぐに聴ける。
  2. 聴きたい曲(演奏)を探して聴いて気に入ったら、それで終わり。注文する必要はない。
  3. CDを買い、取り込み、タグ付け、不良品を確認し、保管する手間が省ける。
  4. CDを買う場合でも、試聴が際限なくできる。
  5. 旅行・帰省・出張時の暇つぶしに使える。
  6. Spotifyでは、登録(フォロー)しておけば、新作などの情報が来る(はず)。GPMではフォロー機能はないが、それまでの履歴からリコメンドされる。いずれも、新しい曲や演奏を見つける機会が増える。
デメリット・問題点
  1. 会費(約千円/月)を払い続けないと、曲が聴けなくなる。
  2. サービスが終了したら曲が聴けなくなる。 → 別のサービスに入ればいい。
  3. ネットに繋がっていないと聴けない。→ オフライン機能はあるので、何も聴けない訳ではない。
  4. 曲をサービスに提供していない人の演奏は聴けない。提供されていない演奏がある。→ CDなどを併用すればいい。
  5. 提供者の都合で、が提供されなくなる可能性がある。
  6. SpotifyやGPMのプレーヤーの機能・操作性が、今使っているgmusicbrowser(以下、GMB)と異なるので不便。→ GMBをSpotify/GPM対応にする? (本質的に困難) 別のプレーヤーを使う? (選択肢は少ない)
  7. 車では聴けない。 (ステレオ(ナビ)が対応していないので)
  8. デッカのように、変なマスタリングをする場合がある。音質が悪い場合がある。→ 聴いておかしかったらCDを買えばいい。
  9. 圧縮音源なので音質が劣化? → 気分の問題。「高品質」を選べば問題ない。
  10. CDの「購入日」のような、自分の思い出の情報がなくなる。→ 日記などに初めて聴いた日と感想を記録する。: 結構忘れそう。
  11. 余りにも簡単に聴けるので、ありがたみがなくなる。使い捨てのような感じで、音楽の価値が下がる?
  12. タグ自体が操作できないので、(GMBの)カスタムタグが設定できず、フィルタ機能もない(ユーザーが自動プレイリストを作れない)ので、「ポップス」のような、自分用のカテゴライズができない。 → カスタマイズしたプレーヤーが要る。自分の「ラジオ」や「ステーション」を作れればいい? (GPMやSpotifyではできない) → 手でプレイリストに登録?

デメリット・問題点のうち、容易に解決できないことは、(いくつかの要因で)将来は曲が聴けなくなる可能性があることと、(今の)車では聴けないことだ。前者は発想を転換すれば(例: 音楽は物でないので、そもそも所有できないのだから、諦める。ライブと同じように、「あの演奏は良かったなあ」と思い出して満足する。とにかく忘れる。)済むように思うのだが、わがままなので、まだそこまでは至れない。それで、車対応と合わせて、実現可能な対応策を考えてみた。

  1. 気に入った曲、あるいは、車で聴きたい曲はCDかダウンロードで買う。→ なんか馬鹿らしい。
  2. 保存ソフト(例: KeepVid)などで保存する。 → セコいし(さすがに、千円で何曲でも取り放題ってのは良くない)、合法性が疑わしいし、GPMには対応していない。
  3. プレーヤー(例: Mopidy)を改造したり、ライブラリ(例: gmusicapi)を使ってプログラムを作って、曲を保存できるようにする。 → 可能性が不明。合法性が疑わしい。→ 合法性に関しては、自分で無理にDRMを解除しないのであれば、個人での使用は「違法ではない」のではないか(もちろん、配信サービスの使用条件からは外れるだろう)。
  4. 車用スマフォ(Android)から携帯用スマフォ(iPhone)にテザリングしてネット接続してGPMを再生し、有線かFMでステレオ(ナビ)に入力する。 → 以下の問題がある。
    • 外部電源on/offで特定のプレイリストを再生開始/終了できるようにできるか? → IFTTTなどでできる?
    • 熱での故障
    • 常時テザリングonでiPhoneの消費電力の増加
  5. 車のステレオ(ナビ)をGPM対応にする。 → 次の車にする時に検討する。

乗り換えるとしたら、この問題にはしばらく悩みそうだ。

(20:15追記) 「ストリーミングの音楽再生を使いまくったら、パケット通信量を圧迫するのか?」を参考に、上記4や5の、iPhoneのモバイル通信を使って車でGPMを聴く場合の通信データ量を計算したら、以下のようになった。

「低品質」の通信速度を96kbpsとし、1日2時間(平日はそんなに掛けないが、ドライブの時は長時間掛けるので、こうした)掛けるとすると、

96/8(kB/s)*2(時間)*60(分)*60(秒)*31(日)= 2.7GB/月

と、音楽だけで月間上限の3GBを使い果たしそうで、帰省や旅行時のための「貯金」がなくなってしまうので、今のSIM(MVNO)契約では、車でGPMを聴くのは現実的でないことが分かった。

コストの検討

音楽はお金では買えないのだが、現実問題として、お金がないと聴けないし、お金は有限だから、なるべくコストを下げたい。それで、今まで(CDを買う場合)とコストを比較した。

  • CDを買う場合
    • 本体: 約千-2千円/枚
    • ネット接続料金
    • 注文・待ち・受け取りの手間
    • 取り込み・タグ付け・確認の手間
    • 再生用PC、ファイルの保存用HDDのコスト
    • 実体の保存のコスト (部屋代)
  • Spotify・GPM + CD・ダウンロード購入
    • 会費: 約千円/月
    • 購入したアルバム・曲の代金: 約千-2千円/組 (CDと同じか少ない)
    • 購入するアルバム注文・待ち・受け取りの手間 (CDと同じか少ない)
    • 購入したアルバム・曲の取り込み・タグ付け・確認の手間 (CDと同じか少ない)
    • ネット接続料金 (CDと同じ)
    • 再生用PCのコスト (CDと同じ)
    • 購入したアルバム・曲のファイルの保存用HDDのコスト (CDと同じか少ない)
    • 実体の保存のコスト (部屋代) (CDと同じか少ない)

結局、コスト面では、次のような結論(判断)となる:

年に約12枚以上CDを買う(買っている)のであれば、SpotifyやGPMに乗り換えて損することはなさそう。

ただし、CDと違って永遠に聴ける訳ではないし、車内では聴けない。それについては、以下の選択肢と結果が予想される。

  1. (聴けなくなることを防ぐため、)気に入った曲をすべて購入する場合、年会費分がCDを買う場合より高くなるし、手間も全然減らない。「無制限試聴」の対価と考えるか?
  2. 車で聴きたい曲(ポップス)だけ購入するのであれば、概ね、SpotifyやGPMの方が得。
  3. 曲を全く購入しないのであれば、断然SpotifyやGPMの方が得。

 

コストに関して思ったことがある。不思議な符合だが、「約千円/月」というのはNHKの料金と同じなはずだ。決して安くはないが、それでも、僕はGPMなどの音楽配信サービスには払う気になるし、NHKには絶対に払いたくない。その理由は、NHKは、番組の質はともかく、「払って当然。いや、もっと払え」という姿勢なのに対し、音楽配信サービスは使うのも使わないのも自由だということと、サービスの指向や内容や使い勝手(これには異論はあるが)が優れていることだと思う。

今のNHKオンデマンドがどのくらいのサービスを提供しているかは分からないが、「神サービス」などという評判は全然聞かないから、まあ、「とりあえずやっている」程度なのだろう。「過去すべての番組がいつでも自由に観られる」なら考える余地はあるが。更に、それでいて、頼んでもいないネット同時配信を勝手に始めて、(それだけならまだいいが、)TVなしの人からもお金をふんだくろうとしているのだから、全く話にならない。

(まとめがないので、続くかも知れない)

(19:01 構成を若干修正)

  •   0
  •   3

2件のコメント

  1. h.tak:

    レント君の話より原始的なレベルだけど、YouTubeは本当に便利だなぁと実感してます。
    ちょっと気になった曲とか、ミュージャンを手軽に通勤電車で聴くことができるし、最近の曲では、PVとして視聴できるものも多いですよね。
    新しい曲を聴く時は、何回か聞いてからでないと、好きかどうかわからない時もあるから、いきなり買うのも抵抗あるしね。
    最近気に入ってるのは、リンキン・パークのニューアルバム。
    https://youtu.be/XQWDOWG7iZ0
    ボーカリストが少し前に自殺して、話題になり、興味本位で聴いてみたら、割と良かったです。歌詞のテーマは、かなり重い様だけど、英語はあまり聴き取れないせいもあり カッコ笑い
    気になりません。

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●そう、便利ですね。配信サービスを検討するきっかけはYouTubeでした。どこに居ても聴きたい曲が手軽に無料で聴けるってのは、すごく便利だと思います。

    そして、今朝実感したのですが、配信サービスは更に便利な感じです。たまたまステレオの前に居なかった時に、ビートルズの"And your bird can sing"が聴きたくなって、ポケットにiPhoneがあったので検索してみたら、当然ながらあったので、聴けました。結構感動しました。

    リンキン・パークは、始めて聴きました(今、GPMで掛けてます)。紹介してもらったYouTubeのはリミックスなのか、オリジナルとは違うようですね。ただ、僕はそっちの方が馴染みやすい感じでした(掛けた直後に、「そうだ、GPMだ!」と掛け直したので、YouTubeの方は最初しか聴いていません)。最新の曲なのに、音が80年代風に聞こえました。僕にはそれがいい感じでした。

    •   1
    •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL