昼休みに、ラフマニノフのピアノ協奏曲 第3番が聴きたくなったので、GPMで探した。なかなか目新しい人が見つからないので、気分を変えて(+怖いもの見たさで)、ユジャ・ワンにしてみた。先日、見た目での判断は良くないと書いたせいもある。

正直言って、全く期待していなかった。というのは、派手な外見以外に、以前YouTubeで彼女のラフマニノフのピアノ協奏曲 第2番のライブ(屋外だった記憶がある。これかも知れないが、水色の衣装だった覚えがある)を観て、ひどいと思ったからだ。

でも、その予想はいい方向に外れた。完全に。このアルバム(2013)での演奏は全然違っていた。音だけで、男性的(スポーティとか「肉食系」とかいう言葉を思い付いた。聴いたあとで検索したら、偶然、「アスリート」とか、同様な表現をしているページがあった)な演奏で好感が持てて、なかなか乗れた。どうやら、あのライブビデオが悪かったようだ。演奏風景を見たせいもあったのかも知れない(冒頭の弾き方(見た目)は好きになれなかった)。

第2楽章は、時々、音が抜けている箇所があるように聴こえた。おそらくそうではないと思うが。あと、第3楽章に行く前に余計な音の強調があった。そこら辺は好きになれなかった。でも、すごく乗れるから、かなり好きになった。終わる頃には乗りまくって、演奏後に続く拍手を聴いて余韻に浸っていたかったほどだ。が、あと少しというところで休みが終わりそうになったので、止めた。

それから、細かいが、オケの弦が少し変わった音の箇所があった。

かなり出来がいいので、てっきりスタジオ録音だと思っていたのだが、ジャケットを見ると、ライブだった。実際、最後に拍手があった。Discogsの情報では2013年のカラカスでのライブだそうだ。あとで調べたら、カラカスはものすごく危険な街らしい。そんなところで、良くコンサートをやったものだ。まあ、そういうところにだってホールはあるだろうし、やっぱり、音楽が好きな人は沢山居て、危険な毎日を送りつつも、コンサートを楽しみにしているのかも知れない。

さっきは同じ作曲者のパガニーニ狂詩曲(2011)を聴き、今は同じアルバムの同じ作曲者のピアノ協奏曲 第2番を聴いている。「パガニーニ」は、まあ普通ではあるが、悪くなかった。この曲は、僕には退屈な印象(細切れなので、乗りが分断されるのが嫌なのかも)なので余り聴かないのだが、ちゃんと聴き通せた。

第2番もいい。イントロのピアノに重さがあっていい。普通にいい。「普通に」は良くないように思えるが、好きな曲について僕がそう思うのは、安心して聴けるとか、途中で止める気にならないとかいうことで、いい演奏なのだ。ただ、ものすごくいい訳でもない。と言っても、平凡とか個性がない訳ではない。そこの区別は難しい。それにしても、例のYouTubeのライブとは偉い違いだ。もう一度観たら(聴いたら)、印象が変わるだろうか?

という訳で、やっぱり、見た目での判断は良くないようだ。

PS. ただし、彼女のトルコ行進曲(K. 331の第3楽章)は駄目だ。全然駄目だ。これにはがっかりした。(20:46)

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL