GPMDPの改良。音量の正規化の改良について考えていたら、確か、以下のようなことだったと思うが、GPMDPでなく、外部プレーヤーで再生した方がいいのではないかということになった。

  • GPMDPの構造上避けられない、曲の開始と同時に一時停止しても先頭が一瞬再生されることがある問題は、外部プレーヤーを使わないと解決できない。
  • 再生ゲインの計算のために曲のファイルをキャッシュしているのだから、そのファイルをVLCやgmusicbrowser (GMB)などの外部のプレーヤーで再生することができる。
  • 再生ゲイン対応のプレーヤーなら、音量(ボリューム)の設定やファイルにを再生ゲインを乗算しなくても、再生ゲインタグに設定するだけで、プレーヤーによって反映されるのも良さそう。
  • GPMDPは使い勝手がいいとは言えないし、リモコンを2個にしたり、2つのプレーヤー間の切り替えもしたくないので、操作性を改善する点でもGMBで再生したい。

いずれにしても、昨夜までに構想が練り上がった気がしたし、基本的なところは容易にできそうだったので、今朝、GPMの曲をGPMDPでなく外部プレーヤーで再生できるようにしようとする作業を初めてしまった。そして、確かに、再生できるようにすること自体は簡単だった。14時前には、GMBで再生できるようになった。

GPMの曲をGMBで再生

図の左上はGMBのミニプレーヤーで、右はGPMDPのウインドウである。GPMDPが再生しているように見えるGPMの曲は、実際にはGMBで再生されている。その証拠に、双方で同じ曲・アルバムになっているし、僕はこのアルバムは持っていないし、GPMDPの再生時間は0だが、GPMは0ではない。

が、やっぱり難航し、この時間になっても終わっていない。残っている難しいことは、以下である。

  • 次に再生する曲を途切れないようにGMBに送り続ける(今は、最初の1曲の再生が終わったら停まってしまう)。また、ギャップレス再生のためには、再生中の曲が終わる前に送る必要がある。
  • GMBとGPMDPの連携 (例: GMBの再生が終わったことを検出して、次の曲を再生開始する)
  • GMBとGPMDPの操作の統合 (例:GPMDPで一時停止したら、GMBを一時停止させる)。GMBに統一すればいいのだが、曲の検索など、どうしてもGPMDPでしかできないことがある。まだ、ユースケースの検討が充分でないので、方針が固まっていないせいもある。

でも、今日のところは、目論見どおりGMBで再生できたので、良しとする。

(気が向いたら、詳細を追記します。)

(9/24 21:35追記) どうにかこうにか、次に再生する曲をGMBに送り続けられるようになった。GMBも自分で作ったGPMDPの追加プログラムも、想定外の動きをしたりして、なかなか大変だった(おもしろかったけどw)。

GPMの次の曲を自動でGMBに追加

図の左はGMBのウインドウで、右はGPMDPのウインドウである。GPMDPのプレイリストの、現在再生中の次の曲がGMBに自動的に追加され、連続再生できるようになった。

余談: 上のジャケットの工藤静香、なんかお化けみたいだ。。。

動き出したばかりで、まだまだ荒削りで、さまざまな不具合はあるが、とりあえずは音楽が聴ける状態になったので、一段落だ。それに、(GMBの)リモコンで一時停止などの操作ができるのは、すごく便利だ。

不具合の例:

再生していると、再生中の次の曲以降も勝手にGMBに追加される。まあ、悪いことではないが、想定外の動作なので複雑な心境だ。そして、それに伴ってGPMDPの下部のプレーヤー部分は、まだ再生していない曲になってしまう。しかも、それは上側のキューの再生中(と思っている)曲とも違うのが解せない。

  • 再生中の曲: "Here comes the Sun"
  • GPMDPが再生中(と思っている)曲: "Let it be"(上部)、「二人静」(下部)

細かいことが多いので、先は長そうだw

PS. 今日からか、URLに"?hl=en"を付けても無視するようになったようで、日本語で表示されるようになってしまった。やっぱり、ネットサービスはvolatileだなあ。 ← URLの書き方を間違えていたようだったので、撤回する。 (9/25 20:26)

(9/25 22:56 わずかに修正、余談を追加)

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL